古い草履・バッグ・髪飾りを捨てる【着物の断捨離】

広告

ついに着物の断捨離に取りかかりました。

私にとっては、最後の難関とも言えます。

家中まるごと棚卸し お気に入り空間づくり(19) ついに着物の処分に取りかかる

なにしろ、自分が買ったものは何一つなく、何が大事で何がいらないのか、全然わからないのです。

それなのに、家には大量の着物類があり、母は「大事なものを捨てるなんてとんでもない」と言っていて、本当に傷んだもの以外、捨てることができずにいました。

大量の着物類

土蔵を壊すとき、明治生まれの祖母の着物類はいらないと言って捨てたはずですが、それ以外の捨てきれなかった着物がこんなにたくさん。

これとは別に、本当に大事な着物はこちらのタンスに入れてあります。

だから、多分、こちらのタンスに入っているものだけ保管すれば良いのだとわかってきました

こちらのタンスには、娘の結婚式で着た黒留袖などが入っています。

喪服もあるので、母の葬儀のときに着るのかなぁと思うとジーンときます。

ここは、もう少し時間をかけて、じっくり考えます。

捨てるもの

今日は、捨てるものを決めました。

古い髪飾り

こういう髪飾り、今はつけないですね。捨てます。

古い草履とバッグ

草履は、古いと履いている時にパカーンと剥離することがあるようです。

娘の結婚式のときも、当日もしそんなことが起きたら大変と心配して新調しました。

古い草履とバッグは消耗品と考えた方がいいですね。何十年も前のものは、正式な場で使いたくありません。捨てます。

黒い草履は母が履いていたものです。

お疲れ様。

さいごに

なんでこんなに大量に着物があるんだろうと疑問ですが、よく考えると、我が家には着物だけでなく、食器も飾り物も布団も大量にありました。

それをコツコツ処分してきたのでした。

そして、ついに最後の難関、着物にたどり着いたのです。

最初は「面倒くさいから、全部捨てちゃえ!」と思ったのですが、やっぱり1枚1枚手に取ってみると、「これは捨てられない」と思うものや「これはいらない」と思うものに分かれます

私が着なくても、娘がお友達の結婚式で着るかもしれないから、慎重に考えてみます。

この着物の片づけシリーズ、長期戦になりそうです。どうぞゆっくりお付き合いください。

家中まるごと棚卸し お気に入り空間づくり(19) ついに着物の処分に取りかかる

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!