家中まるごと棚卸し お気に入り空間づくり(2)玄関に防災リュックを置く(中身49点を総チェック)

広告

もっと「お気に入り」のモノだけに囲まれて暮らしたい。

その思いから、今あるモノと向き合ってみることにしました。

お気に入りの家で暮らすためのお片づけプロジェクト「家中まるごと棚卸し お気に入り空間づくり」始めます

そして、まず最初に玄関の片づけをしました。

家中まるごと棚卸し お気に入り空間づくり(1)玄関

やっと終わったと思って、記録を書き始めた時、「玄関に防災グッズを置く」ことをひらめきました。

リビングの棚に入れっぱなしの防災リュックを移動しただけでは、本来の防災グッズとしての意味がありません。

実際に被災された方のブログを読んでいて、私もいつかちゃんとしなければとずっと思っていたのです。

そして、その「いつか」が「今」なのだと思えました。

昨日の記録の下に付け足ししようと思っていたのですが、いざ、防災リュックの中身を広げてみると、とてもそんな簡単に済ませられるものではないと思いました。

それで、改めて、防災リュックの中身をきちんと把握し、今日のこの記事を見ながら毎年9月1日に点検・補充しようと決めました。

前置きが長くなりました。

『2000人のアンケート防災セット』

私は、2012年にカタログハウス通販生活で『2000人のアンケート防災セット』という防災リュックを購入しました。

買ったことで満足し、ずっとそのままにしていて、去年の10月初めて点検したら、非常用飲料水の消費期限がとっくに過ぎていました。

5年保存 非常用飲料水を捨てる【消費期限が切れたモノの断捨離】

その後、お水の補充しておかないといけないなぁと思いながら、半年。

やっと食料品の補充ができました。

元々、防災リュックに入っていたのは、

  • 飲料水500ml×5本
  • 食料(インスタントご飯6食)

でした。

インスタントご飯は賞味期限が来る前に食べました。水でもお湯でも戻せる『乾燥ご飯』で保存期間が5年もある優れものでした。

同じものを真剣に探してみたいと思います。

今回は、9月に再点検することを前提に、火を使わなくてもすぐ食べられるもので、私が食べたいものを選びました。

リュックの中身

リュックの中にはたくさんの大事なものが入っています。

カセットガスバーナ-1
懐中電灯(単3電池2)1
ラジオ(単3電池2)1
飲料水(2.9ℓ)2
食料5
ラップ1
カイロ
軍手1
黒ポリ袋10
ウェットティッシュ1
食器類6
給水袋2
アルミ救急シート1
マスク2
タオル1
レインコート1
サバイバルナイフ1
文房具類5
キズバン6
トイレットペーパー1

2021年4月26日現在、合計49点+リュック1点=50点

※カイロは、今年9月1日に再点検するときに補充します。

点検

年1回は電池のチェックが必要と注意書きに書いてあります。

大丈夫でしたが、予備を入れておいた方が良さそうです。

新たに補充したもの

新たに補充しました。

  • 文房具(マジック、ボールペン、付箋)と「緊急用呼子笛」
  • マスクとキズばん
  • トイレットペーパー

「緊急用呼子笛」というものもあったので、中に名前や住所、連絡先を書いた「IDカード」を入れました。

いろいろ便利なものがあるものですね。

大事なポイント

さすがよく考えられた防災リュックだと思います。

黒いゴミ袋

黒いゴミ袋は、緊急トイレとしてバケツに被せて使用したり、地面に座る時の敷物、また割れた窓ガラスの補修にも使えるそうです。

最初、なんで今どき黒いゴミ袋なのかなぁと思ってしまったのですが、トイレとして使うなら確かに黒でないと困りますね・・・。

ラップ

ラップは食品を包むだけでなく、食器に強いて使うと食器の汚れを防ぎ、水の節約になるそうです。

さいごに

金沢は災害が少ない地域で、62年間も生きてきて、大雪を除いてまだ大きな災害にあったことがありません。

大雪は雪が降らない地域の人にとっては大変ですが、私たちは生まれた時から体験しているので慣れているのです。

除雪道具も揃っています。

そういう『必要不可欠な備え』が大切なんだなと思いました。

台風や地震、豪雨、さまざまな天災がやって来ます。

私は、停電になるのが怖いです。

携帯の充電が切れたら、連絡が取れません。大きめの充電バッテリーを用意しておかないといけないですね。

今後、もっと意識を高くして、被災経験がある方のブログなどをよく調べて、防災リュックの中身を充実させていこうと思います。

前回の記録は、こちらです。

家中まるごと棚卸し お気に入り空間づくり(1)玄関

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!