キッチン家電は全部スタンバイ【60代からの住まい】

広告

築55年の母の家を8年前から3回に分けてリフォームしてひとり暮らしをしているさわこです。

母が過ごしやすいようにと考えていたつもりでしたが、結果的に自分が快適に過ごせる家になっています。

いろいろ工夫した中でも一番気に入っているのは、キッチンです。

オールステンレスが衛生的なクリナップのシステムキッチン。

昔の木製流し台はボロボロでゴキブリのすみかでした。

よくあんな汚いところで調理していたなぁと思い出すのも嫌になります。

対面キッチンや人工大理石のシステムキッチンは、私の長年の憧れだったのでした。

古くて広い家のまま、リフォームしているので、モノを収納する場所はたくさんあります。

大量にあった食器や調理道具類は10分の1くらいに減らしましたから、ガラガラです。

入れようと思えば全部棚の中に収納できますが、あえて毎日使うキッチン家電は出して電源も入れてスタンバイさせてみました。

出したり片付けたりしなくてもよく、使いたいときに「すぐ」使えます。

母も使うモノを出していたのですが、母の場合はその量が多かったので、ごちゃごちゃして使いづらかったです。

私は家電のみ出してあります。

冷蔵庫のように、いつでも使える状態でスタンバイ。

バルミューダ電気ケトル、ホットクック 、オーブントースター、ボールじゃーブレンダー(ミキサー)
ビストロ(オーブンレンジ)、炊飯器
IHヒーター、食洗機
還元水素水

備え付けのモノはすぐ使えてあたり前ですが、それ以外のモノもコンセントを入れた状態でスタンバイさせてあります。

「電気代がもったいない」と考える人もいますが、私は「すぐ使える」モノたちじゃないと使わなくなります。

それぞれに空間を空けて、その場で作業ができるようにしています。

その他にもいろいろ考えた部分があるので、別記事でまた紹介させていただきます。

年をとったら高い棚の中に片付けたモノを出して使うなんてことができなくなります。

快適な暮らしを支えるキッチン家電たち、大切に毎日使います。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!