引っ越しまでにしなければならないこと【60代からの住まい】

広告

いつ母の家へ引っ越ししようかなと迷っています。

大工さんにお願いしている玄関リフォームは、早くても7月末じゃないと始まらないようです。

何事もそんなに思い通りには進みませんね。

なかなか始まらないのもまた意味のあることだと思えます。

私が母の家へ引っ越すまでに「しなければならないこと」があるからなんでしょうね。

私が母の家へ引っ越すことになった経緯については、こちらに詳しく書いています。

【実家の片づけ】総集編 88歳の母 突然の体調不良から入院 その間に家まるごと大掃除の記録

引っ越すまでにしなければならない2つのこと

母の家へ引っ越すまでにしなければならないこととして、次の2つの作業があります。

・自分の家から「持っていくモノ」を選ぶ

・既に母の家にあるので、自分の家にある「持っていく必要がないモノ」を処分する

引っ越しは、モノ及びこれからの生き方と向き合うチャンス

時間がない中での引っ越しは、とりあえず段ボールに詰め込む作業になりがちですが、時間はたっぷりあります。

つまり、しっかり向き合えということだと思うのです。

私は広すぎる築55年の古い母の家に、61歳から80歳までひとり暮らしをしようと思います。

165

幸い、隣(現在の自宅の位置)に娘夫婦の家を建てることになっているので、スープの冷めない距離で一緒に過ごせ、寂しくはないし、いろいろ助けてもらったり、助けたりもできると思います。

楽しかったことも辛かったこともたくさんの思い出がいっぱいの自宅に、もうすぐ「長きにわたり、ありがとう」と感謝を込めてお別れします。

買ったばかりのシモンズのベッド以外、大きな家具はすべて処分します。

家電製品はまだ新しいモノは親戚に譲ることが決まっています。

細々としたモノの一つ一つをどうするかということになるのですが、実は既に家の中のモノの棚卸しチェックがほとんど完了しています。

家中まるごと棚卸し モノ別在庫管理作業 小物 編 【掃除機5台】

棚卸し作業をしていた時は、母が体調を崩すなんて思いもよらなかったのですが、何事も日頃からちゃんとしておくと慌てなくてすみますね。

「場所別」でなく「モノ別」で引っ越し荷物を考える

「場所別」に持っていくモノを選ぼうとすると、きっと自宅にあるモノ全部持っていきたくなると思います。

でも、あえてもう一度確認してみます。

61歳の私が80歳まで過ごす日々の中で、今後、本当に必要なモノなのかどうかを。

とにかくさらに広い家でひとり暮らしをするわけですから、たっぷりある収納も持て余すことでしょう。

だから、自宅から持っていくモノはすべて母の家の収納場所のどこに納めようか考えて移動させることになります。

逆に言えば、収納場所におさまらないようなモノは持っていかないということです。

既に母の家にあるモノをもう少し処分する必要も出てくることでしょう。

それくらいモノを吟味して、それから生活を始めようと思います。

さいごに

とりあえず、母の家の玄関リフォーム工事が完了するのは8月のお盆以降になりそうです。

7月中に「引っ越しで持っていくモノ」を選んでおきたいです。

そして自分で処分できる小物は、せっせと処分して解体費用が少しでも少なくなるようにしたいです。

多分大きな家具は、「金沢市の有料粗大ゴミで出す」より「解体する時に業者さんにまとめて処分してもらう」方が安いと思うので残すことになりそうです。

確認しておく必要がありますね。

今までたくさんのモノを捨ててきましたが、ついに最大『家』を捨てることになるなんて・・・。

でも、古い家を壊して、そこに新しい家が建つことの方が喜びなので、爽やかに「新陳代謝」と考えていきたいです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!