花壇の手入れをサボっていたら、悲惨な状態になっていて反省【本業はアパート大家さん】

広告

しばらく見に行かなかったら、悲しいことになっていました。

やっぱりちゃんと目をかけてあげるって大事ですよね。

花たちがすっかり枯れていました。

子どもと同じじゃないかと思えてきます。

多分大丈夫だろうって油断していました。

11月に娘夫婦がチューリップの球根を植えてくれたので、なんとなく任せたような気になっていたんでしょうね。

でも、チューリップの球根を植えた2人はその後、全然見にいっていません。

頼んだことはしてくれるのですが、それ以上のことを求めるのは無理があります。

あっという間に暗くなっちゃいました。

大急ぎで花苗を植えました。

パンジーやビオラって、寒さにもとても強くて、雪の下でも生きているんですよ。

春になって、雪が溶けた時、ちゃんと花が咲いていて、毎年感動します。

ここは、私が初めて建てたアパートです。

入居者さんのために花壇にお花がいっぱい咲いていたらいいなと思いました。

だから、8年経っても、ちゃんと責任持って花壇を管理していかなきゃ。

来年はもうちょっと計画的に、(娘夫婦に手伝ってもらいながら)春と秋に植え替えをするようにします。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!