生まれて初めて、カーポートの屋根雪をおろしました。【アパート大家の日常】

広告

今年の大雪、ほんとにすごいです。

カーポート付きのアパート、雨の日も雪の日も入居者さんに大変喜ばれています。

そのカーポートの屋根に70㎝くらい屋根雪が積もりました。

北陸のカーポートは、正式なものは積雪1mまでは大丈夫なように作られています。

わざと屋根雪が落ちないように雪止めがされていて、普通は屋根の上で雪解けする予定の設定です。

例年は、全く問題がなかったのですが、今年のような何十年ぶりという大雪の場合、心配です。

何が心配かというと、カーポート自体は、積雪1mまで耐える力が十分あると思っているのですが、問題は隣の家の屋根雪の落下です。

あの高さからの衝撃に耐えられるか、誰にも分らないと思います。

そして、お隣の人に言ったところで、あんな高い屋根の雪をカーポートの上に落ちないように何とかすることはできないです。

だから、せめて、屋根雪が落ちたとき、カーポートが衝撃を受けて多少ゆがむ程度で終わってほしい。

入居者さんの車が損傷することがないように・・・。

 

不動産屋さんに相談に行きました。

「業者さんに来てもらって上手にカーポートの屋根雪をおろしてもらって、さらにその雪をどこかへ運んで捨ててもらいたい。」

でも、業者さんも順番待ちで何日も後になるとのこと。

そうでしょうね・・・。

除雪を担当している業者さんは、不眠不休で頑張っておられることをよく聞きます。

業者さんが来てくれるのを待っている間に、お隣の屋根雪が雪崩のように落ちてきてカーポートが押しつぶされたら・・・。

 

不動産屋さん(アパートマン駅西店)の店長が職員の人たちを連れてきてくれて、カーポートに上って屋根雪をおろしてくれました。

下の人たちが落とされた雪をわきへ積み上げてよけてくれました。

女性ばかりですが、本当に頼もしいです。

途中、近所に住んでおられる方が「業者を呼ばないとダメだ。人力で無理無理。」と声をかけてきましたが、店長は「そんなこと言ってる間にやるしかないんです。」とカッコ良かったです。

私も生まれて初めてカーポートの屋根に乗って雪下ろしをしました。

実は、高所恐怖症なのですが、カーポートの上は屋根と違って平らなので全然大丈夫でした。

これで、お隣の屋根雪が落ちてきても耐えられますように。

あとは、祈るのみです。

お願いしたら助けてくれる人がいてくれて、本当にありがたいと感謝の気持ちでいっぱいの1日でした。

アパート大家さんは、頑張りましたよ~(*^^)v

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!