「ホットクックと炊飯器で発芽玄米ご飯」40℃6時間発酵 甘くて美味しく食べやすく栄養たっぷり

広告

健康に良いからと玄米ご飯を食べ始めたら、全然消化できていなくて体調を崩してしまったさわこです。

玄米は、しっかりしっかり噛んで食べないといけなかったんですね。

玄米をしっかり噛んで食べなかったら、消化不良で過食になってしまった

わかっていたつもりでしたが、歯の治療中でもあり、そんなに噛めていなかったのでした。

そんな私も「発芽玄米」なら消化しやすいので食べられます。

買うと高い「発芽玄米」、なんと自分で作ることができるというのです。

ファスティング・マイスターで、分子栄養学カウンセラーのぴろりんこさんが、教えてくれました。

ぴろりんこさんの記事はこちら↓↓

ホットクックと炊飯器で発芽玄米を作ってみた【作り方】美味しすぎてやばい!

勝間和代さんの記事を読んで、自分で作ってみて、すごく美味しくできたとのことで、早速真似してみました。

ホットクックで発芽玄米を作る

作り方は2種類あります。

  • 50℃で3時間
  • 40℃で6時間

ぴろりんこさんは、50℃で3時間コースで作っていたので、私も同じようにしてみました。

そしたら、残念ながら(私には)硬かったのです。

玄米独特の芯が残っている感じで、これではまた消化不良になってしまうと思いました。

ぴろりんこさんは、玄米に慣れているので、この硬さでも大丈夫なんだと思いますが、私はこれだと食べられないと判断。

それで、今度は『40℃で6時間コース』で作ってみました。

ホットクックの「手動」→「発酵・低温調理をする」→「40℃」→「6時間」

発芽しているのか、どうか、見た限りでは不明です。

炊飯器の白米モードで炊く

普通に炊飯器の白米コースで炊きます。

50℃3時間発酵した発芽玄米の時

50℃3時間発酵した発芽玄米を炊いた時は

すごく甘みがあって美味しいのですが、少し硬い。

でも、美味しいので、よく噛みながら食べました。

その後、特に胸焼けとかはしませんでした。

40℃6時間発酵した発芽玄米の時

40℃6時間発酵した発芽玄米を炊いた時は

私が食べている市販の発芽玄米「元氣」よりは若干硬さがありますが,甘みがすごくあり、とにかく美味しい。

なんのおかずもない状態でよく噛んで味わいながら、ペロリと食べてしまいました。

これは美味しい。

作り方

ぴろりんこさんの記事を参考に、作り方を確認しておきます。

  1. 玄米は軽く洗う
  2. ホットクックの内鍋に洗った玄米を入れ、玄米の上2センチ位まで水を加える
  3. ホットクックの発酵モード、40℃で6時間加熱する
  4. 水を捨てて、炊飯器で白米モードで炊く

ぴろりんこさんの記事では、炊飯器の白米モードで炊くとき、少し水を多めにと書いてありましたが、私は40℃6時間発酵させたので、十分水分が浸透していて、水の量は炊飯器の目盛り通りで大丈夫でした。

また、実は、「白米モード」ではなく、我が家の炊飯器にあった「発芽玄米モード」で炊いてみたら50℃3時間で発酵させた発芽玄米を炊いた時より硬くて失敗でした。

ただ、その時も甘味はあって美味しかったです。

発酵させると甘みが出て、美味しさが増すということなのでしょうね。

50℃3時間でも40℃6時間でも発酵はするけど、私の場合は40℃6時間の方が柔らかくて食べやすいということです。

時間がない人で、玄米に慣れている人は、50℃3時間の発酵でOKと思います。

それぞれの食べやすさで選べばいいですね。

さいごに

発芽玄米には、玄米と比べるとGABA(ギャバ)の量が約5倍含まれているそうです。

GABA(ギャバ)とはGamma-Amino Butyric Acid(γ-アミノ酪酸)の略で、トマトやカカオなどに多く含まれるアミノ酸の一種なんですね。

玄米はとても体に良いもので、その玄米を発酵し発芽させた「発芽玄米」はさらに栄養価が高く、美味しく、玄米よりうんと食べやすい。

ただし、作るのに手間がかかるため、値段が高いのだけが難点でした。

それを自分で作れるとなると金銭的にとっても助かります。

私は、時間の余裕があるので、これから40℃6時間発酵の発芽玄米を作って食べようと思います。

ホットクックや低温調理器をお持ちの方で、健康オタクの方はぜひ試してみてください。

すごく美味しくて、食べすぎてしまう可能性もあるので、そこは自己責任で(笑)

ホットクックの記事ではこちらがよく読まれています。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!