ホットクックでさつまいもの甘酒 米麹を入れ低温調理60℃で6時間 甘くておいしい

広告

ホットクックでサツマイモの甘酒を作りました。

地元の「五郎島金時」を使ったせいか、すごく甘くてびっくりしました。

ファスティングの回復食としてピッタリです。

材料

材料(2杯分)

  • さつまいも・・150g
  • 水・・200ml
  • 米麹・・100g

ホットクックのレシピ集では、乾燥米麹と書いてありましたがスーパーに生の米麹がありました。

1粒ずつばらしておきます。

作り方

1 さつまいもを茹でる

さつまいもの皮をむき、3cm厚さの半月切りにして、水大さじ3を加え、ホットクックで茹でます。

いも・かぼちゃを茹でる時は、自動メニュー番号86で混ぜ技ユニットをセットします。

2 さつまいもをつぶす

茹で上がったさつまいもをつぶします。

3 水と米麹を足して、本体にセットする

水と米麹を足して、よく混ぜ合わせて、本体にセットします。

4 自動調理(発酵・低温調理)

メニューを選ぶ→カテゴリーで探す→発酵・低温調理→さつまいもの甘酒→スタート

できあがり

さいごに

お粥と一緒にファスティングの回復食として食べました。

3日間の絶食後、発酵食を摂り入れたかったのです。

流動食とは言え、久しぶりの食事だったので、とにかく甘く感じました。

これはオヤツでしたね。

米麹がまだ残っているので、次は普通の「甘酒」や「にんじんとりんごの甘酒」「あずきの甘酒」を作ってみようと思います。

まとめ

こちらは、自分用のまとめですが、良かったら参考にしてください。

ホットクックで簡単お料理 レシピ集

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!