ホットクックでビーフシチュー デミグラスソースを使わない作り方がヘルシーで超オススメ

広告

分子栄養学を学んでいて、簡単なのに健康的な食事メニューに詳しいぴろりんこさんの記事を読んで、私も作ってみました。

ホットクックで煮込み料理 冬に食べたいおすすめの料理レシピ5選の中から、デミグラスソースを使わないビーフシチューです。

ホットクックでビーフシチュー デミグラスソースを使わない素材を活かした味が超絶おいしい!

これは、元は勝間和代さんがYou Tubeで紹介されたものです。

私も実際、作ってみて、トマトがベースになっているのはとてもヘルシーだと思いました。

ホットクックでの調理は、材料と調味料を入れるだけであとは全てお任せ、本当に楽です。1時間以上じっくり煮込むので、予約タイマーを使ってセットし、夕食の時にちょうど出来上がって食べられるようにしてみました。

ピロリンこさんの記事では4人分だったので、一人暮らしの私は2人分を作って2回に分けて食べました。

ビーフシチューの材料(2人分)

カレー・シチュー用牛肉がとっても高かったので、半分は煮込み用牛スネ肉にしました。

  • 牛肉 200グラム
  • トマト 大1個
  • 玉ねぎ 小1個
  • じゃがいも 小1個
  • にんじん 大1/2本
  • マッシュルーム 1/2パック
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩 全体量の0.6%

ビーフシチューの作り方

1 野菜を切る

2 ホットクックの内なべをスケールにのせる。

3 重さを0gに合わせてから、内なべに材料を入れる

※材料の重さがしっかりわからないと「全体量の0.6%の塩を入れる」計算ができない!

4 全体量の0.6%の塩を投入し、オリーブオイルを全体に回しかける

※792g×0.006=4.8g(約5g)

5 まぜ技ユニットをセットし、メニューを選択 自動→カレー・シチュー→ビーフシチュー→スタート

予約タイマー セットの仕方

予約タイマーは簡単です。

予約→出来上がり時間設定

1時間以上かかる煮込み料理は、予約タイマーを使ったらちょうど良いタイミングで出来上がるので最高です。

出来上がり

お肉がトロトロでした。柔らかくて美味しい。

さいごに

タニタのキッチンスケールもぴろりんこさんに教えてもらって、3kgまで計れるものを買いました。

お鍋ごと計れるのがとっても便利です。

塩加減は全体量の0.6%というのは、私にもちょうど良い味加減に思えました。

ぴろりんこさんは、貧血女子のための簡単料理レシピも考えてくれています。

こちらも参考にしたいですね。

貧血改善の食事について ただ鉄を足せばいいってもんじゃない

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!