【実家の片づけ】88歳の母の家の大掃除 寝室+トイレ・洗面所・お風呂 編 全部近くにあると便利

広告

入院している母は少し元気になってきたようです。

個室から2人部屋に移り、調子がよくなってきたと言っていました。

主治医の先生からは何も連絡がないのですが、もうしばらく病院にいさせてほしいと願っています。

今日は、8年前にリフォームした時、こだわった部分を紹介させていただきます。

父が倒れてすぐの頃、母は膝の痛みがひどくなり、杖をついてやっと歩いていました。

そのくせ、頻尿で1時間に1回トイレへ行きます。

それで、1階のかつて祖母がいた部屋を大規模リフォームして母の寝室にし、トイレと洗面所、お風呂を併設しました。

畳の部屋だったところの押入れ部分や縁側だった部分を一体化しての大改造です。

カメラを広角にしているので奥行きがあるように見えますが、実際には狭いです。

寝室とバリアフリー状態でトイレへ行くことができます。

本当は、アコーディオンカーテンで仕切る設定なのですが、普段は母一人なので開けっ放しです。

閉めるとこんな感じ

完全に閉めることができますが、閉めて写真撮ったらどこかわからなくなったので、見苦しい便器まで写しました。

実は、母は便器の蓋を壊してしまって、蓋なしなんですよ。

蓋だけ買って取り付けようかと思いましたが、自動開閉の蓋があるより、最初から蓋がないほうが母にとってはトイレがしやすいのですわ。

そんなわけで、別に他の人が使うわけではないので、蓋なしの超使い勝手の良いトイレです(笑)

玄関横にもトイレあり、他の人はそちらを使うので大丈夫です。

この洗面台は、車椅子のまま座って使えます。

母は車椅子を使う状態にはならなかったので、普通に使っていますが、特別仕様ということで洗面台の下に収納棚がありません。

そこへ脱衣カゴを置いて着替えていました。

脱衣カゴも埃だらけだったので、シャワーでザブザブ洗ってお風呂場に干してあります。

父は段差があるトイレで2回も倒れているので、とにかく出来るだけバリアフリーにしようと思いました。

入り口も引き戸にしました。

普段はドアを開けておき、中が見えにくいようにしてあります。

母にとっては、結構使い勝手が良い寝室になってるんじゃないかなと思っています。

便器をきれいに掃除しました。脱臭シートが埃でいっぱいでした。便座も上げて奥まで拭きましたよ。

きったない窓のサンを掃除しました。

カーテンも洗いました。

換気扇も外して水洗いしました。

電気の傘まできれいにしました。

部屋の中にカレンダーが3つもあるので、捨てたくなったのをグッと抑えた私です。

母が退院するまでに、頑張って家中の大掃除をしようと思います。

つづきはこちらから

【実家の片づけ】88歳の母の家の大掃除 システムキッチン編 高齢者には引き出し収納が便利

今までの片付け記録です。

良かったら覗いてみてください。

【実家の片づけ】88歳の母の家の大掃除 寝室編 高齢者の家はモノを減らし安全&清潔に

【実家の片づけ】88歳の母の家の大掃除 お風呂編 カビだらけの暖房換気扇フィルターをきれいに

【実家の片づけ】88歳の母の家の大掃除 洗濯物干し編 電動で高さ調整できる物干しが便利

【実家の片づけ】88歳の母の家の大掃除 キッチン編 シンクの排水口は綺麗にしてくれてありました

【実家の片づけ】88歳の母の家の大掃除 庭 編 無理して草むしりしたのが体調不良の原因か

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!