コタツ一式を捨てたら、押入れガラーンとなった 押入れ掃除は夏の前にやるのがいい

広告

脚がグラグラになっていたコタツを捨てました。

捨て方が難しかったのですが、金沢市有料戸別収集の担当者に電話して詳しく教えていただいたので、紹介します。

(注)金沢市のゴミの捨て方なので、地域によって異なります。

まず、コタツ本体は「小型家電」で金属ゴミと一緒にリサイクルできます。

ただし、脚の部分は外せます。

金沢市有料戸別収集の担当者の方は、電話口で、「脚がついたまま出していいですよ」と言われましたが、真面目な私は脚の部分を取り外し本体だけリサイクルのところへ出しました。

外した脚4本は、指定ゴミ袋に入れて普通の燃えるゴミとして出しました。

天板は、一辺が70cmの規定を超えて80cm×80cmです。

70cmを超えて2m以内のものは、月1回の埋め立て場行きの燃えないゴミの時に一番大きな45ℓの指定ゴミ袋をくっつけて出せば良いそうです。

あと、コタツ敷やコタツ布団・毛布などは、有料戸別収集の対象なので取りにきてくれる日を予約しました。

コタツ敷=カーペットは1枚500円
布団は2枚で500円
毛布は3枚で500円

それぞれを紐でくくってまとめて指定のシールを貼ります。

予約の日の朝、玄関先に出しておけばその日のうちに取りに来てくれます。

お金はかかりますが、楽です。

コタツ一式がなくなったら、押入れががラーンとなりました。

押入れの掃除は、暑くも寒くもない時期にやるのが一番です。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!