カラーボックスを処分するには 捨て方に注意が必要【収納用品の断捨離】

広告

押入れで使っていたカラーボックス、中身を捨てたり、別の場所に移動したら不要になりました。

次はどこで使おうかなと随分考えたのですが、縦にすると高過ぎて入らず、横にすると幅が広過ぎて入らず、結局どこも使える場所がありません。

本当に必要なモノなのか?

ハッと気づいたんですが、そもそもこれは本当に必要なものなのか?

よく見ると年季が入って古ぼけているし、安っぽいし、部屋に置くには全然素敵じゃありません。だから今まで押入れの中でひっそりモノを入れていたのでした。

捨てよう!と思いました。

捨て方がわからない

確か、これを捨てられなかったのは、捨て方がわからなかったからだったことを思い出しました。

だから、ずっと家の中にあったんですよね。

そういうモノないでしょうか・・・。

捨て方がわからないというのは、金沢市のゴミが有料化されてから、こういう大きなゴミが出せなくなったのです。70cmより長いものは有料個別収集粗大ゴミとなり、カラーボックスは2個500円で、1個しかなくても500円です。

分解してみた

500円出しても良かったのですが、私は分解しました。

ただ、よく見ると、長い板は70cmを超えて80cmあったのです。

あーぁ、せっかくここまでしたのにと思い、ノコギリで切るしかないのかと諦めかけていたのですが、ノコギリは超めんどくさいので、ここは図々しくこのまま出してみることにしました。

ダメだったら違反シールが貼られてゴミ収集されずに残されるので、そうなってから考えようと思ったんですね。

ドキドキしながら、朝、ゴミ収集車が通り過ぎてから見に行きました。

やったぁ。

80cmの板も持って行ってもらえました。

ルール違反してしまった

やっぱりルール違反は、オススメはできません。

有料個別収集粗大ゴミとして、500円出して家まで取りに来てもらうんだったら、わざわざネジを外すこともありません。

電話して、日時予約して、コンビニでシール買ってきて、当日の朝、自宅前に出すということをすれば良いのです。

今回、70cmまでというゴミ出しルールを守らず、ちょっと後ろめたい気持ちを引きずってしまっているので、やっぱり今度からちゃんとお金を出してゴミを捨てようと思います。

さいごに

それにしても、家の中にある使ってないモノを全部捨てるとき、いくらかかるのでしょう?

やっぱり、モノを買うのは、本当に必要なモノに限定した方が、処分費用を抑える意味でも大事ですね。

「500円」と「電話して日時を予約するという一手間」をケチって、ズルしたことを反省しています。

金沢市のゴミの自己搬入については、こちらに詳しく書いています。
金沢市西部環境エネルギーセンター 家の中から一気にリサイクルゴミを出してスッキリ

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!