トキメクお掃除(8) 下駄箱のこびりついた埃 30年分を拭き取る

広告

築30年の古い家をいやいやお掃除していては全然キレイになりません。どうせするなら、トキメクお掃除をしようと思いました。そして、この古い家がピカピカになった時、何かが変わると思うのです。

今日は、玄関掃除をしました。

娘が子犬の健太を散歩に連れて行ってくれている間に、熱いお湯をかけて掃除しました。

なぜお湯かと言うと、健太がここで粗相をすることがあるからです・・・。

玄関のたたきを水拭きしている時、フッと今までずっと見て見ぬ振りしてきたところが目に入りました。

下駄箱の表面の飾りの部分なんですが、指を突っ込んでも隅っこまでキレイにならないんですよね。

いつもだったら、まぁこんなものとサッサと諦めていましたが、今日はここもキレイにしたくなりました。

歯ブラシでやろうとしても30年分の汚れが隅っこにこびりついていて取れません。

そこで、お箸を持ってきて力を入れてこすってみました。

大正解!

今までこんなにキレイにしたことなかったです。

古い家の古い下駄箱は汚いものだと思い込んでいたんだけど、汚くしているのは私なんですよね。

禅宗のお寺などは、もっと古いのにお掃除が行き届いていて、全然汚くありません。

私の中の何かが間違っていたように感じています。

古いことと汚いことは同じではありません。

私は、これから築30年の古い家をピカピカにしていきたいと思います。

トキメクお掃除のまとめ記事を作っています。こちらからどうぞ。

トキメクお掃除のまとめ 令和元年5月1日から

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい