裏側をキレイにする 除湿機のフィルター掃除も【11月から大掃除スタート】

広告

築30年の我が家、お風呂と洗面所に換気扇がありません。

なんでそんなことになっているのか、当時の大工さんが考えてくれなかったのでしょう。

寒くて雨や雪の多い北陸なのに、とんでもない欠陥住宅です。

カビへの自衛策として窓を開けられない季節は、除湿機を使っています。

いつも結構マメに掃除機をかけているつもりですが、除湿機や棚の裏側までは行き届きませんでした。

よく見てみると除湿機のフィルターも埃がいっぱいのようです。

 

単なる埃でなく、湿気を含んだ埃なので、即、水洗いすることにしました。

見た目よりかなり埃が付いていて、浮き上がってきました。

乾いた埃なら掃除機で吸い取ればいいですが、湿気を含んだ埃はこびりついているので、掃除機で強く吸い取ろうとするとフィルターを破ってしまう可能性もあります。

洗剤を入れて、しばらくつけ置きするのがいいです。

一応、カビ取りには一番効果的な茂木和哉のカビ退治を使いました。

でも、特にカビが生えている訳でもない場合、ここまでの洗剤を使わず、普通の洗剤でもよかったです。

黒い点々のカビが付いていたら、茂木和哉は一発でカビをやっつけることができます。

除湿機と棚を移動し、裏側を掃除機でキレイにします。

毎日乗っている体重計も戻して、おしまい。

 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!