トイレブラシは棚の中に入れてはいけない 清潔を保つには通気性が大事

広告

トイレブラシにはこだわりがあり、ブラシが空中に浮いているヨコズナクリエーショントイレクリーナーfloatを使っています。

せっかく清潔を保つようにしているのに、それを棚の中に入れてしまったためにカビが生えてしまいました。

なぜ、棚の中に入れたかというと、使っていないものを棚の中に入れていたのをやめて使っているものを収納しようと思ったからです。

その結果、真っ白だったブラシが薄黒くなってしまい、ショックです。

カビが生えてしまったのだと思います。

酸素系漂白剤でつけ置き洗いします。

3時間つけておいたのですが、いまいち綺麗になりません。

仕方ないので、綺麗にすすいでから、今度は塩素系ハイターにつけ置き。

1時間つけ置きしたら

まぁ、これ以上は無理だと思われます。

容器の方がピカピカになりました。

今度からは、通気性の悪い棚の中なんて入れずに出しておきます。

床にじか置きしないのは、子犬の健太がいたずらするからです。

普通は、トイレの隅にひっそり置くブラシを棚の上に置かなければならないのがちょっと苦しいけど、通気性が大事なので仕方ないです。

ブラシが衛生的ではないからと直接素手で便器掃除をする方々がおられますが、私はまだそこまではできません。

私のこだわり「トイレ掃除グッズ」を書いた記事は、こちらから。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい