ソージーズ・ハイで大小20枚窓ガラスを一気に拭きました。#100blogs(99/100)

広告

窓拭きをしていたら、だんだんソージーズ・ハイになっていきました。

断捨離しているとだんだん捨てる基準が低くなり、どんどん、これもいらない!と手放せるようになります。

ダンシャリアンの間では、ダンシャリーズ・ハイと呼ばれていると聞いたことがあります。

私は、今日、窓拭きをしながら、ソージーズ・ハイになりました。

最初、拭いた跡がキレイじゃないのが気に入らなかったり、蜘蛛の巣があると箒を持ってきて、嫌々はらっていました。

ところが、汚い窓を何枚も拭いていると、だんだん感覚が変化していきました。

汚れているところを拭いているのだから、マイクロファイバーグロスがどんどん汚れていくのも平気。

手が汚れるのも平気。

そのうち、蜘蛛の巣もマイクロファイバーグロスでサッサと拭き取るようになっていきました。

汚いのが汚くない状態になれば、それでOK。

どんどん拭いていきました。

バケツの中の水が汚くなりましたが、全然平気でその中でクロスを洗って、ぎゅっと絞って、また脚立に乗って、高いところから順番に拭いていくを繰り返す。

楽しかったです(*^^*)

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!