溝に溜まった落ち葉を掃除する。【お掃除日記】34日目

広告

あオリンピックまで967日。まだ「1000日続けるお掃除日記」継続中。

今日は、晴れ間に溝掃除をしました。

できるだけストレスなく溝掃除をする際のポイント3つ

①腰をかがめなくてよい用具を使う。

「長い箒」・「すくいやすいちり取り」・「トング」がいいです。

溝は、基本的に地面より低いので、腰をかがめた姿勢で掃除すると疲れます。

排水溝のなかの落ち葉は、濡れて汚いので、トングが便利です。

②口が大きく広がる袋を用意する。

ガバッと入れたいので、袋の口が大きく広がっていないとイライラしますよね。

③完璧を目指さない。

十分美しい☆

周りにチラチラッとちっちゃな落ち葉が見えないことはないですが、そんなものを気にしていたら外掃除はやれません!

さいごに

玄関先に落ち葉がいっぱいというのは、マズイですね。北陸は、冬、とても天気が悪いので、少しでも晴れ間があったら外掃除をするようにしていきたいものです。

やる気+掃除用具が大事

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!