お風呂のゴムパッキンのカビ取り(汚写真あり)【お掃除日記】3日目

広告

東京オリンピックまで、あと998日。お風呂掃除、頑張りました。

寒くなるとお風呂上がりに窓を開けなくなるので、やっぱりカビがはえてきました。

見つけたら、すぐ退治しなければ!

ゴムパッキンのカビ発見

これくらい、などと思ってはいけません。目地に入り込んだカビは、強くこするとゴムパッキンが破れてしまうのです。

ゴムパッキンが破れると多分そこからどんどん汚れが増殖していくのでは・・・。

 

こういうところにも。

いや~な予感がして、覗き込んでみると、汚い。

しゃがみこんで覗き、スマホで確認。やっぱりカビ生えていて汚い。

使う洗剤は、『茂木和哉』

△ゴムパッキンには、専用のジェルタイプの茂木和哉。

△隅の方や奥の裏の部分には、定番「茂木和哉」

スプレーは、上のほうにはうまく泡が飛ばず、なかなか思うところに噴射できません。

仕方ないので、一生懸命手を伸ばしながら、ブラシでこすりました。

しばらく放置。

長い時間、放置した方が良いようです。蒸発してしまわないよう、ラップをかけたら良いのだとか。

めんどくさいので、そのまま1日放置しました。

△ちゃんと消えてる。

△ここもちゃんと消えてる。

△ここは、かなり小さくなったけど、もうちょっと攻撃したい。

今、写真見て発見(@_@)右の壁面、カビある|д゚)

△ここも、とてもわかりづらい。

明るく、床が乾いている状態の時に、しっかり覗き込んでみたい。

さいごに

スプレーしたところは、カビが消滅しているけど、スプレーの泡が当たらなかったところはカビが残っていた。

やっぱり、もっと丁寧に掃除しないといけないようだ(‘Д’)

再挑戦しなきゃ・・・(”_”)

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!