家中、あちこち毎日楽しく水拭きを続けるための3つのポイント【ときめくお掃除】

広告

築30年の古い家ですが、水拭きをするとだんだん家が綺麗になっていきます。

でも、水拭きってしんどいし、めんどくさいですよね。

私も長い間、重い腰が上がりませんでした。

最近、手軽にやれる方法がわかってきて、全然苦痛じゃなくなってきました。

どんなふうにやっているのか、紹介します。

水拭きが楽にできるようになるポイントは3つです。

先に掃除機をかける

先にサッと掃除機をかけます。

埃や髪の毛などを取っておくと水拭きするとき、余計なゴミがついてきません。

マキタのコードレス掃除機がおすすめです。

15分で充電が切れますが、我が家の場合、5分もあれば全部掃除できます。

隅っこや髪の毛が落ちているところを重点的に掃除します。

マキタのコードレス掃除機には、充電器がついていて25分継続して掃除できる強力なタイプもありますが、重いので私は他の人に譲りました。

ちなみにダイソンのコードレスも重心の位置が合わず、私は使いづらくて、それも人に譲りました。

いろいろ試して、結果的に(私には)マキタのコードレスが一番と思っています。

広い範囲はホーキィやブラーバを使う

広い範囲は普段はクイックルワイパー業務用ワイドで乾拭きしていて、週1回だけホーキィで水拭きします。

ホーキィとあっちこっちふきん

フローリングの水拭きは週1回程度にとどめておいた方がいいです。

毎日水拭きするとフローリングの艶がなくなってしまいます。

寝室はブラーバにお任せします。

ベッドの下などはロボット掃除機の方が優秀です。

雑巾をたくさん使う

水拭きが面倒な原因の一つに、汚れた雑巾を洗ったり絞ったりするのが面倒ということがあげられると思います。

それで、最初に薄い洗剤液に浸し、洗濯機で1分脱水します。

洗剤は除菌もできて、環境に安全なマスターミネラルを10倍に薄めたスプレーです。

これを掃除機をかけている間に行います。

少しだけ水分を含んだ雑巾をあちこちにポイポイと置いておきます。

基本的に洗面所とトイレと玄関の三和土を水拭きします。

残りは、いろいろなところを水拭きします。

それぞれの場所を拭いて汚くなった雑巾は、バケツにポイッと入れていきます。

最後は、窓を1枚磨いておしまい。

1枚以上すると疲れるのと時間がかかり過ぎて、次の日からもうやりたくなくなるので、もっとやろうかなと思うところでやめるのが大事。

バケツに入っている汚れた雑巾を洗濯乾燥機にかけておしまい。

乾燥まで終わったら、そのままバケツに入れて翌日また同じように使います。

さいごに

水拭きは体勢的にしんどいものです。

今まではしんどいから嫌だと思っていたのですが、筋トレあるいはストレッチであると思えば、とても良い運動です。

特に下駄箱の下に腕を突っ込んで奥の方まで拭こうと思うと腕から肩にかけてグッと伸ばさなければなりません。

また、四つん這いの姿勢そのものが背筋を鍛えます。

高いところを拭く時やソファーの奥を拭く時など、全身運動です。

15分だけと時間を決めておけば、動きも素早くなります。

そして、終わった後の清々しさは天下一品。

築30年の古い家が禅寺のように厳かに、というのは大げさですが、気持ち良い空間になりますよ。

水拭きをちょっと太り気味の自分のための運動と捉えて頑張っています。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!