トイレの手洗いボウルをキレイに保つために

広告

8月は、大掃除をしたいと思います。

毎日、1ヶ所ずつ決めて、キレイにしていったら、きっと何かが変わるはず。

今日、掃除したのは、トイレのコンパクトな手洗いボウルです。

便器や床の掃除はしても、なかなかここまで手が回りません。

気になるところが3箇所あります。

  1. 手洗いボウルの内側の陶器の部分にうっすら現れるピンクカビによるヌメリ
  2. 排水溝の部分の縁の黒ずみ
  3. 水を流すレバーの縁の汚れ

陶器の部分は、洗剤をつけて撫でるようにするだけで綺麗になります。

排水溝の縁や水を流すレバーの縁もJブラシで掻き出すと綺麗になります。

問題は、今後、どうするかです。

いつも汚れてから掃除しているので、汚れないようにしたいと思います。

そこで、濡れたままになっているのが良くないと思うので、今度から手を洗ったあと、使ったペーパータオルで手洗いボウルも拭こうと思います。

雑菌が繁殖しない状況にしておけば、特別に掃除しなくても大丈夫なのではないかと。

忘れないように、今日から実践することをここに記録しておきます。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!