「やらなければならないこと」がいっぱいありすぎるときの『やる気スイッチの入れ方』

広告

母との同居に疲れて、元の家に戻ってしまったさわこです。

まだ部屋に収納場所がちゃんとできていないので、ぐちゃぐちゃです。

写真で見るとひどいですねぇ。

部屋の乱れ=頭の中の乱れです。

モノは、片づければ何とかなりそうですが、頭のなかのゴチャゴチャはなかなかスッキリしません。

 

だんだん嫌になって、呆然とし始めたのですが、そういうときこそ、『自分を奮い立たせるやり方』があります。

やることを細かくすべて書きだす。

一つ一つのことは1分でできることから15分くらいかかることまで。

それ以上のことは、落ち着いてから考えます。

目の前がゴチャゴチャで、頭の中もぐちゃぐちゃなときは、考えない!

考えなくてもできることを紙に書いて、ひたすらそれをこなします。

たとえば、歯を磨く・顔を洗う・洗濯機を動かすに加えて、「財布の中のレシートを出す」・「家計簿アプリに入力する」・「今日の予定を手帳に書く」など。

何も考えなくてもできることを細かく書きだして、順番にこなしていきます。

10個くらいできてきたら、やっとやる気が出てきます。

やる気が出ないときは、考えずに体を動かしてスイッチを入れる。

これが、私のやり方です。

 

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!