【手帳の断捨離】大事な情報だけ書き写し、古い手帳を捨てる。

広告

過去の手帳を捨てられなかったのは、理由があります。

そこにいろいろなことを記録として書いてあるからです。

かつては、マメに新しい年になる前に次の手帳に引き継ぎをして、古いものを処分していたのですが、いつからか手帳そのものをそのまま保管しておくようになってしまいました。

そして、どこかに書いてあるはず、といつも探している状態でした。

来年は、「逆算手帳」1冊にすべてを集約します。

ただし、持ち歩くには危険な情報は、1冊のノートにまとめて自宅に保管することにします。

今まで、簡単なメモと重要なことを一緒くたに書いていたので、使っていない手帳やノートを捨てるに捨てられなかったのです。

改めて、重要なことをしっかり記録する機会になり、良かったと思います。

いらないものを捨てることは、大事なものを選んでしっかり保管すること☆

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!