不用品は、行き先を決めておくと溜まらない。【紙袋の断捨離】

広告

親しくしている不動産屋さんが、紙袋をもらってくれます。

お客様にいろいろ渡すときに紙袋があると便利ということ。

それで、保管しておいて、ある程度溜まったら持って行くことにしています。

隙間に挟んでおいて、溜まったら持って行きます。

行き先が決まっていると楽です。

しかも捨てているわけでなく、有効利用してもらっているし、渡した時、ありがとうと感謝してもらえていい気持ちです。

 

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!