ゴミの一時置きをやめよう。

広告

家の中に資源回収に出すものを置いておく場所があります。

勝手口のところに棚を作って、そこに保管しているのです。

ペットボトル・空き缶・金属・埋め立て不燃物・びん・乾電池・ダンボールなどに分けて、カッターやハサミ・ドライバー・荷造りひもセットと一緒に入れています。

そこへ、持っていけばいいのですが、普段は、台所のゴミ箱の上のかごに入れています。

ゴチャゴチャしていますが、ゴミを置くロッカーを大工さんに作ってもらいました。(ボーダー模様の箱には新聞とチラシが入っています。)

この緑のかごに入れて、溜まったら、勝手口へ持っていくわけです。

でも、これをやめようかと思います。

一気に勝手口のゴミ置き場まで持っていく!

母は、ここに入れればよいですが、私がマメに移動しようと思います。

わずか数mのところをめんどくさがって一時置きをしています。

ツッカケを履かなければならないというその程度のことで、もうめんどくさいと思ってしまう…。

一時置きは、できるだけやめて、ゴミは、できるだけ外に近いところまで持っていき、見えない状態にしたいです。

 

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!