【洗面所の換気扇掃除】電化製品はフィルター掃除が命。つけ置き洗いしましょう。

広告

わが家の浴室横の洗面所・脱衣所の換気扇は、天井についています。

高いところにあると、掃除しにくいんですよね。

・脚立をもっていかなければならない。

・外し方がよくわからない。

という理由で、断念しがちです。

キッチンとは違って、油汚れなどないので、埃だけです。簡単に掃除できるはずなのですが・・・。

前回、苦労して、天井の換気扇掃除した時の記事は、こちら

洗面所の天井埋込形換気扇の羽、洗いました。

なんと、1年以上前でした( ゚Д゚)しかも、ライブドアブログの汚部屋記事( ;∀;)

あの頃、頑張ってたなぁ、私。いまだに記事をそのままライブドアに置いてきたまま…。懐かしくて、自分で思い出に浸りそうになりました( ˘ω˘ )

1年以上たって、天井の換気扇は・・・。

壁の換気扇の場合は、椅子でOKですが、天井の場合は脚立に乗りましょう。

安全第一です。

カバーを外す。

初めてここの換気扇掃除をしたときは、カバーの外し方がわから途方にくれました。

換気扇のトリセツなんて不要と思っていたのですが、「お手入れの仕方」は確認しておく必要があります。

外し方、取り付け方さえ、わかれば、もう換気扇にトリセツなんて不要ですね。

まず、針金がついていて、すぐ外れないようになっています。針金をぎゅっと握って中央に寄せると外れます。

そういう仕組みが分からないことには、絶対外せません。

中の黒いカバーは、ハズスという位置まで少しだけ回すとスッと外れます。

一番内側のファンは、真ん中の部分をギュッと引っ張り下ろすと外れます。

これが、かなり強い力で引っ張らないといけないので、確か1回目は挫折したと思います。

強く引っ張ったら外れるということがわかっていると力強く引っ張れます。

今回は、簡単に取れました。

1年以上掃除してなかった割にまぁまぁキレイと思ってしまいました。

前回の汚写真

前回、リフォーム後3年間放置して、初めて掃除したときは

こういう状態でしたから、やっぱり最低1年に1回は、はずして掃除した方が良いです。

つけ置きが一番

埃がファンの羽の1枚1枚にこびりついているので、すぐには取れず、つけ置きしました。

いろいろ用事もあったので、夜になってようやく再び取り掛かる。

キレイになったので、戻します。

戻します。

前回、戻すときになかなかうまくカチッとハマらず苦労した記憶がよみがえりましたが、今回は、なんと一発でカチッと入り、信じられない早さでした。

カバーも取り付けて、おしまい。

さいごに

電化製品は、フィルター掃除が命。

汚れたら、すごく面倒なので、とにかくマメにフィルター掃除!

 

 

 

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!