嫌なことを嫌だって伝えることができるようになって、素直に嬉しいです。

広告

姉とダイエットの話をしているとき、母が割り込んできました。

姉は、私よりうんと太っているのに、ヒップは私より小さいのです。後ろ姿は、私より細く見えます。問題は、おなかだねって二人で笑っていました。

そしたら、母が、私のほうを見て、「(私が)歩くときに大きなお尻を左右に振る歩き方をしている」と手を広げて揺らしながら言いかけたので、「悪口言わないで!」って制止しました。

私と二人だったら、「ホントのこと言って何が悪いん?」とか言うところですが、姉もいたのですぐ黙りました。

姉も母に対して、「人のこと何でも言ったらだめやよ!」って援護射撃。

助かります。

そして、その状態の中で、「悪口を言われると嫌な気持ちになるから言わないで!」とお願いしました。

たったこれだけのことですが、今まで、ずっと言えなかった。

泣いている私

言っても聞いてもらえなかった。

言えて良かったし、姉が助けてくれるのも素直にありがたいと思えました

そして、改めて、歩き方かぁ・・・(^^;) これから、後ろ姿も気を付けなければと思いました(^^;)

くりこ、お母さんは、姿勢良く歩いて散歩続けるよ~!(^^)!

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!