「化粧品を使いきる」を記録するとお金が貯まるの法則。

広告

基礎化粧品は、定番を使いきってリピートしています。

化粧水と美容液、毎日、同じように使っていたら、一緒になくなりました。

使い切る。

最期の1滴まで使いきったので、新しいものに交換。

前回、使い切ったのが4月20日だったので、ちょうど1カ月半で1瓶使い切るようです。

今まで、何も考えず、「なくなりそうになったら買う」の繰り返しでした。

1ヶ月半でなくなることがわかったので、1年で8本ずつ使う・・・として、予算を組むことができます。

予算を組む。

予算を組む。こんなこと、当たり前なのかもしれないけど、私は今まで無頓着でした。

美容院や化粧品類、全部合わせて、だいたい1か月2万円とか決めていても、どうせ、その月によって変わるから意味ないと思っていたのです。

家計って、家の経済なんですよね。

収入と支出のバランスが大事。

たまに「お金があるんだから、毎日、美容院へ行ってセットするとか、もっと綺麗になるためにお金を使えばいいのに。」なんて、言われて、「ゲッ」と思うことがあります。

お金があってもムダなことに使わないって、大事なんですよ。

高くても良いものを買う。

化粧品は、直接、肌につけるものだから、良いものを使います。

自分が幸せだなと思うことにお金は惜しまないけど、ムダだと思うことには、できる限り使いたくない。

そして、お金を貯めて、たくさん税金を払ったら、社会に貢献できると思うので、それでいいです。

さいごに

こんなムダ遣いしない私は、エライなぁ(笑)

 

ブログランキングに参加しています。
下のバナーをぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!