正直に言うと「私は、本当は、お金を稼ぐのが好きです。」

広告

お金のことを口に出すのは、勇気がいります。

今までは、公務員だったので、「お金を稼ぐことはいけないこと」と思い込んできました。

『十分な給料を支払う代わりに、残業手当は出さず副業も禁止、公僕として世の中の人のために真摯に働け』と言われることを当たり前と受け入れてきました。

でも、心の中では、「頑張っても楽をしても同じ給料である」ことや「一定額以上、稼ぐことはできない」ことが、ちょっとつまらないなぁと思ってもいました。

ただ、それ以上に、産休・育休のときに代替講師が配属され、給料をもらいながら安心して休める教員の世界は、本当にありがたかったです。

安定感は、抜群です。

退職後の年金も諸先輩方の時代は、優雅に海外旅行を楽しめるほどでした。

 

今、私は、退職して、初めて、自分が好きなことをしてお金を稼いでもいいという状況に来て、正直、まだ戸惑っています。

お金の稼ぎ方を知らないわけです。

毎月、一定額の与えられたもので満足してきたから、それ以上に稼ごうという、がむしゃらさも不足しています。

すでにそれなりの資産があるので、必死に働くのもどうかと、お金を稼ぐことに対し、妙に冷静に引いていたりもします。

父があまりに必死にお金を貯めようとしてきたので、あんなふうになりたくないなどと高飛車に見たりしていました。

でも、貧乏な状態から、必死でお金を貯めてきた父の姿を見てきたので、どうやったらお金を貯められるのか、想像がつきます。

 

私は、自分が「お金を貯める」ことには、やはり抵抗があり、「貯めてどうなるのか?」と疑問に思います。

でも、毎年、固定資産税をはじめとして、多額の税金を払い続けていかなければならないのも事実です。

それに追われるのでなく、税金を払っても十分余裕があるように、稼いでいきたいです。

収入とは連動せず課せられる『固定資産税』を抱える私は、少し、他の方とは異なるかもしれません。

もう、みんなが退職する年齢なのに、今からまだ稼がなくちゃと思うのは、稼がないと固定資産税を払っていけないという現実があるからなのでしょうね。

よ~し、税金なんか、楽勝に払えるように、稼ぐぞ~!(^^)!

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!