石川県白山市つるぎ「福喜(ふき)寿司」お手頃価格なのに、本格的で美味しい握り ランチにオススメ

広告

立花Beブログ・ブランディング塾 金沢開催 レベル1第3講が始まる前、ランチに行きました。

白山市つるぎの福喜(ふき)寿司です。

鶴来町は広いですが、福喜(ふき)寿司があるのは、白山比咩(しらやまひめ)神社のある山手の方ではなく、金沢からとても近いところです。

回らないお寿司屋さんのカウンターで食べる。

金沢では、回るお寿司屋さんでも十分美味しいお寿司が食べられるので、私は、恥ずかしながら、あまり回らないお寿司屋さんへ行ったことがありません(^^;)

講師の立花岳志さん(以下、たっちー)は、お寿司好きで有名で、全国のお寿司屋さんへ行っていて、お寿司屋さんのコンサルティング業までするほどです。

実は、立花Beブログ・ブランディング塾受講生のお一人に、人材派遣会社ウィルフラップグループ代表取締役の高由紀さんがおられ、毎回、私たちは美味しいお店に連れて行ってもらっています。

今回の「福喜(ふき)寿司」も高さんが予約してくださいました。

そして、講師のたっちーと高さん、そして中村明美さんと私の4人で、並んでカウンターに座りました。他のメンバーは、都合がつかず、午後の講座から参加。

とにかくこういうお店になかなか一人では、行けません。まずは、行き慣れた人と一緒に行くのが安心ですね。

1貫ずつ説明してもらって、食べる。

普通にいつも回らないお寿司屋さんに行っている人にとっては、何を言ってるんだと呆れるでしょうが、私にとっては、すべてが新鮮!

カウンターで、大将が握ってくれて、直接、食べるというのは、いいですねぇ。

1貫ずつ説明してもらったのですが

次からはメモを取ります。

今回は、つい食べることに専念してしまい、写真だけ・・・。

イカは、塩がのっていて、そのまま食べる。

ぶりは、醤油をつけて食べる。

あら汁もうまい。

甘エビ、ぷりっぷり。

上にのってるのは、ネギと生姜を混ぜたもの。

トロ・・・

貝・・・

あなご・・・十分、味がしみ込んでいるから、そのまま食べる。

ウニ~☆

もう、大満足です。

「これで、終わりですが、まだ何か握りますか?」って、大将が聞いてきたけど、このウニに勝るものはもうないと思われました!

その後

水ナス

コーヒーゼリー

美味しいお寿司、いっぱい食べて、最後に冷たいものを食べて、スッキリ終わる。最高☆彡

 

予算を決めて、お任せコースが楽。

予算を決めて、大将にお任せして、握ってもらいます。

次、何かな?と楽しみです。

食べられないものがない人は、「お任せ」がいいですね。

ちょうど美味しいネタが食べられます。

今回は、2000円くらいという予算だったけど、豪華なネタで、結局、消費税入れて2480円でした。これだけのものを食べて、2480円は安い!

さいごに

お寿司屋さんへ行くと最終的にいくらかかるんだろう・・・とお金が気になって、落ち着かないという人も多いと思います。

まずは、お手頃なランチを体験し、気に入ったら、夜行くというのがいいですね。

福喜(ふき)寿司さん、すごく美味しいのに、値段はお手頃でありがたいです。

つるぎ福喜(ふき)寿司

石川県白山市道法寺町イ35-1

076-273-1737

営業時間11:30~14:00、17:00~21:30

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!