子犬の「健太」 初めて動物病院でワクチン接種 ご飯食べてる間にぶちゅーッと

広告

12月20日生まれの子犬の「健太」がわが家に来て1カ月経ちました。

ペットショップで1回目のワクチンを接種しているので、2回目のワクチン接種。

「健太」初めて動物病院へ行く。

動物病院についたら、昨年8月末に亡くなった「くりこ」を思い出し、辛くなってしまいました。

でも、「健太」の前では、そんな素振り見せられない!

キャリーバックのなかで「キュ~ン、キュ~ン」と不安そうな声を出して、こっちのほうがドキドキ。

診察台でも落ち着きなく動き回り、「くりこちゃんと違うねぇ」と比べられました。「確かに!」とうなづくお母さんです。

体重を測ったら、400g増えて1.4Kgになっていました。

ご飯をちゃんと食べて、ウンチもしっかりしています。

「健太」注射打たれる!

お母さんは、自分が注射されるのも苦手なので、「健太」が注射されるところを見るのが怖かったです。

男の子は、痛みに弱くて、泣く子が多いそうです。

看護婦さんに「この子、ご飯をガツガツ食べますか?」って聞かれて、「はい、ガツガツ食べます!」と答えると、ふやかしたペットフードが出てきました。

「健太」がガツガツ食べている間に、お医者さんが背中に注射針をさして、ぶちゅーッとワクチンを入れていました。

お母さんは、「健太、だいじょうぶ?」とハラハラしていたのですが、「健太」が食べ終わるのとワクチンが終わるのが同時でした。

お医者さん、上手(;・∀・)

「これ、かなり痛い注射なんですけどね」とのこと。

ちょうどこんな感じでガツガツ食べている間にぶちゅーッとやられていました。

来月、もう1回ワクチンを接種しにいくのですが、そのとき写真撮ってみたいです。もう騙されないかな?

赤ちゃんの「健太」といっぱい遊んであげたい。

「くりこ」は10歳までしか生きられませんでした。

小さい頃、私は仕事が忙しくて、ほとんどかまってあげられませんでした。

「健太」は大事に大事に育てようと思います。

小さい時から、いっぱい楽しい時間を一緒に過ごしたい。

1か月後くらいに狂犬病の予防接種してから、いよいよお散歩デビュー。

近所の人も心待ちにしてくれています。

朝晩お散歩するようになったら、私もきっと痩せるだろうな。

わ~い(*‘∀‘)

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!