「美味しくなくて食べないもの」を捨てる。【食べないものの断捨離】

広告

食べ物を捨てるのは、極力避けたいと思っているさわこです。

今回、食べなくて捨てることになったのは、私ではなく「健太」のご飯です。

今まで食べていたドッグフードを食べなくなって、夏バテかと心配していました。

前、飼っていた「くりこ」もちょうど8ヶ月くらいの時、食欲が落ちて心配していたので、まただ!と思いました。

「くりこ」の時は、何とかして食べさせないといけないと思い込んでいたので、オヤツを混ぜて食べさせたりしました。

そしたら、だんだんオヤツの量が増えていって、結果的に太らせてしまいました。

それで、食べなくてもオヤツはあげない方針でいたのですが、それでも心配。

友達に相談したら、「美味しいドッグフードに変えれば?」とのことで、目から鱗でした。

確かに私が『お徳用』を買った時期と食べなくなりだしたのが重なります。

今までお湯でふやかして食べさせていた時は、食べていたのに、そのままだと嫌がりました。

匂いを嗅いで、「フン」って感じです。

 

お試しで別のドッグフードを買ってみました。

袋を開けた時から、興味津々です。

お皿に入れるとガツガツ食べました。

あまりに早く食べるので、途中、止めたくらいです。

ドッグフードを変えるときは、少しずつ切り替えるように指示されていますが、今までのものは見抜きもしないので、一気に新しいのに切り替えてしまいました。

そんなわけで、まだだいぶん余っているお徳用のドッグフード、捨てます。

食べ物に関しては、お徳用を買っちゃダメということもわかりました。

これしか食べさせていないんだから、つまらないところでケチケチしちゃいけなかったです。

食べるのを嫌がったとき、もっと早く対応してあげるべきでした。

どっちが美味しいか、わかってるようです。

健太
僕にもちゃんと美味しいもの食べさせてね。
さわこ
はーい。わかりました〜!

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!