日本三大金運神社のひとつ『金劔宮』最大のパワースポットは意外と知られていない

広告

加賀一ノ宮として有名な「白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)」のすぐ近くに日本三大金運神社のひとつ『金劔宮(きんけんぐう)』があります。

日本有数のコンサルティング会社「船井総研」の創業者である船井幸雄氏が、生前に「金に困ったらこの神社に行くと良い」と紹介していたり、ソフトバンクの孫正義氏も参拝しているということで、経営者の方々が大勢来られます。

狭い駐車場には、平日でも県外ナンバーの車がいつもいっぱいで驚きます。

地元の方から、この神社の中の本当のパワースポットを教えてもらったので紹介します。

金劔宮 位置情報

金劔宮

石川県白山市鶴来日詰町巳118-5
076-272-0131

金劔宮とは

北陸最古の神社と伝えられる古社です。

古来、尚武健康の神として崇拝されています。それで劔(つるぎ)がここの地名にもなったようです。

ご祭神は、主神は「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」で、大国主神(おおくにぬしのかみ)・大山咋命(おおやまくいのみこと)・日本武尊(やまとたけるのみこと)・事代主神(ことしろぬしのかみ)・猿田彦神(さるたひこのかみ)などを合わせ祀ります。

パワースポット

神様が降臨すると言われている場所

お祭りの時、神様が最初に降臨すると言われている場所は、普段は目立たないので知らない人が多いと思います。

でも、10月の「ほうらい祭り」の時は、特別な場所として祀られていました。

私は、左手を骨折していて痛かった時、ここに手を当てるといいよと勧められたので、そっと置いてみました。

おかげさまでその後、随分良くなってきています。

ここは御本殿の拝殿と社務所の間にあります。

拝殿の左手に神社屈指の金運パワースポットと言われている「乙剱社」や夫婦円満・商売繁盛の神様、恵比寿様が祀られる「金刀比羅社」があります。

この石があるのは、その反対側、拝殿の右側です。

義経腰掛石

源義経が奥州へ落ちのびる途次、金劔宮に詣でた折り、境内のこの石に腰掛け、眼下に広がる平野や手取川を眺めたと伝えられています。(義経記 巻七)

天忍石(牛石)

義経腰掛石の隣にある天忍石(牛石)は、「古、神霊がこの石頭に降臨したまへしと言う」影向石(ようごうせき)です。
※影向(ようごう)とは、神仏が一時姿を現すこと

さいごに

石川県に住む私たちは、霊峰白山のおかげで守られているとよく言います。

実際、災害が少ない地域です。

白山比咩神社や金劔宮のある鶴来町は、金沢から車で1時間くらいかかりますが、時間の余裕がある時にぜひお立ち寄りください。

きっと良いことがあると思います。

白山比咩神社の記事は、こちらから

白山比咩神社へ行くときは、時間にゆとりをもって、 表参道の琵琶滝を眺めてこよう

白山比咩神社で厄払い 2019.1.3

秋の白山比咩神社 凛とした空気の冷たさと紅葉 「山法師」2号店の大判焼き

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!