シンク排水口の防臭パイプは捨ててはいけない。【オリンピックまで続けるお掃除日記】

広告

オリンピックまで913日。まだ「1000日続けるお掃除日記」継続中。

シンク排水口のお掃除が好きなさわこです。

ヌメヌメがあると嫌なので、毎日お掃除します。

排水プレートと浅型カゴはステンレスなのでいいのですが、その下の防臭パイプがプラスティックでヌメリが付きやすくて嫌いです。

これ、いらないんじゃない?って思って、捨てたくなります。

でも、一応、トリセツを確認してみました。

やっぱり防臭パイプは、排水管からの悪臭が発生するので、取り外さないように書いてありました。

ヤバイ、排水目皿を捨ててしまったみたいで、すでにありません。

まぁいいか。

ネットして、ゴミが排水溝に入っていかないようにちゃんと気をつけているから。

今日も排水口キレイにできました。

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!