家や土地を買うと代金+「不動産取得税」もかかる。【宅建合格を目指して】(10)

広告

宅建合格目指して、勉強中。

宅建とは無縁の普通の人も知っておいたらいいと思うことを書いています。

CHAPTER04 税・その他
SECTION01 不動産に関する税金

不動産を取得した場合(購入したときや増改築したとき、贈与されたとき)、不動産取得税がかかります。

不動産取得税とは

不動産取得税とは、「土地を買ってあこがれのマイホームを建てる」あるいは「分譲マンションを購入する」とき、超多額の出費があるわけですが、それだけで終わらず、そんな財産を手に入れたのだからその分の税金を払いなさいということです。

しかも、その税率は、なんと固定資産税評価額の3%*

*土地・住宅の場合平成30年3月31日まで3%、
住宅以外の建物の場合は4%

仮に、固定資産税評価額1500万円の土地を1000万円で購入した場合、購入代金1000万円+不動産取得税1500万円×3%=45万円を用意しなければならないのです。

消費税8%よりは安いので良しとしなければならないところでしょうか…( ;∀;)

さらに翌年から固定資産税が

さらに翌年からは、毎年、固定資産税が固定資産税評価額×1.4%

上の固定資産税評価額1500万円の土地の場合、1500万円×1.4%=21000円の固定資産税がかかります。

土地を所有したときだけでなく、その後も所有している限り、税金がかかるのです。

マイホームを持つか、ずっと賃貸で暮らすかは、究極の選択ですね。

わが家では

実は、今年いっぱいで母に畑を手放してもらうことにしました。新鮮で安全な野菜を食べられなくなること、母の生きがいが失われること、いろいろデメリットはあります。

でも、それ以上に、収入の入らない畑(403㎡)を手放すと、固定資産税(H29年)63054円+都市計画税21967円=85021円が払わなくてよくなります。

固定資産税のことを考えると古くて無駄に広い自宅も手放したい気持ちになりますが、さすがに母が元気な間はそれはできません((+_+))

さいごに

マイホーム購入の際の、不動産取得税の話から自分自身がマンションに住みたい系の話に飛躍してしまってすみません・・・。

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!