不動産取引でかなりの報酬がもらえるんだぁ|д゚)【宅建合格を目指して】(9)#100blogs(28/100)

広告

宅建合格目指して、勉強中。

宅建とは無縁の普通の人も知っておいたらいいと思うことを書いています。

CHAPTER1 宅建業法
SECTION09 報酬に関する制限

宅建業者は、宅地・建物の売買・交換・賃借の媒介や代理を行い、契約が成立したときは、依頼主から報酬を受け取ることができます。

売買・交換の媒介・代理における報酬限度額

報酬基本額(税抜き価格)

①代金が200万円以下・・・代金額の5%
②代金が200万円超~400万円以下・・・代金額の4%+2万円
③代金が400万円超・・・代金額の3%+6万円

確かに、取引をしてあげるのが宅建業者の仕事ですから、成立したらお礼としてお金を受け取って当たり前ですよね。それで生計を成り立たせているわけですから!

私も父が亡くなってから、自分の家の田んぼをほかの人に買ってもらうとき、不動産屋さんに仲介してももらいました。

その際、売れてお金を受け取り喜んでいたら、不動産屋さんからしっかり仲介の請求がありました。

賃借の媒介・代理における報酬限度額

報酬限度額

賃料の1か月分(税込)
ただし、居住用の場合・・・依頼者の一方から受け取れる報酬限度額は、賃料の1/2か月分まで

アパートに入居および更新する際、入居者さんは、不動産屋さんに家賃とは別に半月分の賃料を手数料として払わなければならないのは、不動産業への報酬を払っていることになります。

実は、不動産屋さんは、家賃の高い物件の管理をしていると同じ仕事をしていても報酬が大きいのであります。

逆に言えば、古いアパートで安いところばっかり管理していて空室があると、不動産屋さん自体も儲からないのです。

さいごに

仲介業者を入れずに直接、売買や賃借の契約ができたら、高い仲介手数料を払わなくていいので、やっぱり宅建に合格して自分で取引できるようになったらいいなぁと思いました。

まぁ、実際のところは、まだまだよくわからないので、そういうことは受かってから考えよう!

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!