連帯保証人は、「まずあの人(債務者)に請求して!」と言えない立場。【宅建合格を目指して】(12)#100blogs(48/100)

広告

宅建合格目指して、勉強中。

宅建とは無縁の普通の人も知っておいたらいいと思うことを書いています。

CHAPTER02 権利関係
SECTION011 連帯債務、保証

連帯保証人には、催告の抗弁権がない。

債権者がいきなり保証人に弁済を請求してきたら・・・

一般保証と連帯保証の大きな違い

(一般)保証人は、「まずはあの人(主たる債務者)に請求して!」と言えるのに対し、

連帯保証人は、「まずはあの人に(主たる債務者)に請求して!」と言えないのが大きな違いです。

債権者が主たる債務者に請求したうえで、保証人にも請求してきた場合

(一般)保証人は、一定のことを証明すれば、「あの人(主たる債務者)、お金持っているから、まずはあの人の財産から弁済してもらってよ!」と言えるのに対し、

連帯保証人は、一定のことを証明しても、「あの人(主たる債務者)、お金持っているから、まずはあの人の財産から弁済してもらって!」と言えない。

連帯保証というのは、主たる債務者と連帯して債務を負う保証形態

連帯保証人になるということは、すなわち、借金をした人と同じだけのお金を返す義務のある人になるということなのです。

そんなわけで、「絶対、連帯保証人にだけはなるな!」とよく言われるのですよね。

単なる保証人と違って、本人が払う能力があっても、払わない場合、「連帯保証人だから代わりに払え!」と言われてしまい逆らえないのです。

まとめ

『だまされて連帯保証人になって、家も土地も全部取られた』なんて、ずっと(なんでそんなことになるのか意味が分からない)と思っていました。

「連帯保証人に払わせて、自分は払わなくてもいい」と悪用されたら、本当に恐ろしいですね。

今日は、「(一般)保証人と連帯保証人の違い」から、連帯保証人には極力ならないようにしたいけど、やむを得ずなるときは覚悟が必要ということでした。

 

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!