「すぐやる」と決めている3つのこと

広告

私が「すぐやる」と決めていることがいくつかあります。

今日は、そのうちの「いつもやっている」3点を紹介します。

請求書が来たら、すぐ振り込みする

お金はすぐ払わないと気が済まないタイプです。

どうせ払わないといけないものだから、先延ばしする理由が見当たりません。

たいてい、請求書が届いたその日に、遅くても翌日、銀行ATMで振り込みをします。

うっかり忘れないようにと思ってやっていることですが、相手側にはとても喜ばれます。

いつ払っても同じなので、ギリギリに慌てて払うより余裕を持って対応します。

トイレの後、手洗い場の水滴を拭き取る

トイレを済ませ、手を洗った後、手を拭いたペーパータオルで手洗い場内の水滴をサッと拭きます。

そうしておくだけで、手洗い場の掃除をする必要がなくなります。

結局、いつも乾いた状態にしておけば良いのです。

ほんの一手間ですが、毎回やっていると習慣になっていて、外出先でもサッと拭いてしまいます。

読書したら、すぐアウトプットする

読書したら、できるだけ早く書評を書くようにしています。

書評というと大袈裟ですが、学んだことを紹介していると改めて内容が整理されて、頭に入ってきます。

どんな本であっても、大切と思うことがいくつか、あるものです。

全部書いても自分が実践できないので、自分にとって特に大切と思うことを3つ程度書き残すように心がけています。

さいごに

小さなことでも習慣にしていけば、どんどんいろんなことが良くなっていくと思います。

できるだけ「面倒くさい」という言葉を言わないようにしていきたいです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!