立花Be・ブログ・ブランディング塾 マスタリー講座 第8講 2日目 受講記録公開 2019.12.8

広告

立花Be・ブログ・ブランディング塾(以下、立花B塾)の最上級「マスタリープログラム」を受講しています。

マスタリープログラムは、長丁場で2019年4月から2020年2月まで11ヶ月間(8月はお休み)毎月2日間ずつ計20日間あります。

今回は、第8講2日目の記録です。(16/20)

1日目の記録はこちらです。
立花Be・ブログ・ブランディング塾 マスタリー講座 第8講 1日目 受講記録公開 2019.12.7

2日目は、1日目に続いて「自分で講座を開催する方法」を学びました。

今までの経験から得たノウハウを惜しみなく教えてくれることに感謝します。

5人〜10人の講座、30人くらいの講座、100人を超える講座、受講するだけの立場と実際に運営していく立場では全然意識が違います。

まさか自分が講座を開催するなんて思ってもいませんでしたが、実はすでにスタジオSeri3周年記念イベントを開催したり、5年目の現在は金沢ブログ会メンバーでモーニングSeriという講演会を毎月行っています。

どれも立花B塾での学びを生かしての実践です。

講座・セミナー・イベントを企画して開催しよう(つづき)

内容を詰め込んではいけない

良い講座は「受講生に寄り添う」講座で、講師がしゃべりすぎ、詰め込みすぎるのは良くないです。

「これだと内容が薄いのでは?」くらいがちょうど良いとのことでしたが、これは実際にはちょっと怖いですね。

絶対時間が余ったら困ると思い込んでたくさん用意すると思います。

そしていっぱいいっぱいになって最後時間が足りなくなるのがよくあるパターンですよね。

だからこそ、「これだと内容が薄いのでは?」くらいがちょうど良いということを覚えておきたいものですね。

講座の構成としては、伝えたいことが「大見出し」の数で、全体構成を先に考えて骨格を作ってから「小見出し」を作る・・・これは、何かをやるときの基本ですね!

ブログを書くときだって同じだと思い、今、密かに反省中です。

スライド資料も簡潔に作った方がいいですよね。細かい字がいっぱいなのは良くないです。

昔、パワーポイントでアニメーションに凝ったことがあるのですが、やたら時間かけて作ったけど結局自己満足に過ぎなかったと自覚してやめました。

一方的講義にならない工夫

挙手したり、質問に答えたり、ワークやディスカッションの時間があると参加者が「受け身の受講生」ではなく「積極的参加者」になって、会場の一体感が生まれ全体のエネルギー感が上がります。

アウトプットの時間を多くとると参加者の満足度が上がります。

自分が参加者の立場で考えると本当にそう思います。

だから、逆の立場になった時も思い切って参加者さんのアウトプット時間を多くとるようにしてみる勇気が成功の鍵ですね。

講座当日の心構えと進め方

講座当日の心構えや進め方については、「ちゃんと覚えておこう」と思うことが多かったです。

例えば、「講師・主催者は参加者全員を対等に扱うこと」は、一見当たり前のように思いますが、一番やってしまいがちな失敗です。

つい、スタート前に受付で、常連さんや友達と盛り上がってしまいます。女子は特にあるあるですよね。

「内輪受け」感が出ると初参加や慣れてない人が疎外感を感じます。

これも自分が参加者の時は嫌という程実感するのに、主催者側になると知り合いが来てくれるとほぼ絶対「わぁ、ありがとう!」とはしゃいでしまいます。気をつけましょうね!

時間通りに始めて時間通りに終了する」こともとても大事なことだと思います。

講座は1回で終わっては意味がない

絶対に開催報告ブログを書き、参加者さんの感想も自分のブログやSNSで紹介します。

それが2回目への布石になります。

そして、オンラインにゆるくつながるコミュニティを作るのが良いですね。

主催者として、そのコミュニティを育てていくことが大きな成長につながっていくはずです。

継続して開催できる地力がついたら、講座の時間を長くして価格を上げていくと良いそうです。

確かに利益が出ないビジネスは継続できません。

自分が開催していて心地良い価格を設定する・・・ここが結構難しそうですね。

大人数を集めたいなら時間を短くして価格を安く、少人数で濃密に開催したいなら時間を長く価格を高くが原則です。

自分の「好き」を多くの人に届けよう!

自分が講座を開催することを前提に具現化するワークをしました。

・講座のタイトルを決める
・講座の目的、受講生にどうなってもらいたいか
・受講生はどんな人か
・講座を構成する「大項目」を書き出してみる

私は、来年2月に金沢で開催されている立花B塾レベル2が終わってしまうので、その後、私が引き続いて受講生たちがみんな本当に「人気ブロガーになる」までを応援する講座をしたいと思っています。

多分、理論を習っただけではすぐには「人気ブロガーになる」は実現しないんですよね。

それは私自身がよく実感しています。

習ったことを自分の中で消化していって身について初めて成果が出てくるはずなのです。

私は結構人を励まして、目標を達成できるように導くのが得意なので、やれるような気がします。

ただ、パソコンの技術的な面で力量不足なので、そこは金沢ブログ会メンバーで得意な人と一緒に運営していけばクリアできます。

さらに、まだブログを始めていない人にもブログの楽しさを伝えて、仲間を増やしていきたいという夢もあります。

来年4月から始めようと思うので、少しずつ具現化していきたいです。

その前にもっともっと自分のブログが「読まれるブログ」になっていないといけないんですけどね。まぁそこのところは、コツコツ頑張っていきまーす。

受講生のブログコンサルタイム

自分のブログをたっちーや他の受講生に見てもらってアドバイスを受ける時間もあります。

今回は1名欠席だったので4名それぞれ自分の気になる記事を見てもらいました。

小豆島の「島宿真里」という素晴らしい宿の紹介記事、タイトルのつけ方や部屋の写真を追加したらきっと検索上位に食い込むはずというアドバイスで早速リライトされています。

小豆島でおすすめの旅館「島宿真里」(しまやど まり)~究極のホスピタリティーを体感~

スマートホームってどういうことかよくわかっていなかったのですが、こんなに快適な生活っていいなぁって思いました。写真が追加されるともっとわかりやすくなる素敵な記事です。

僕のSmart Homeな朝! Amazon Echo、Google Home、電動カーテン、

今、たくさんの人が使い始めたPayPay、領収書はいるのか、収入印紙を貼る必要があるのか、よくわかっていないままの人も多いはず。

その場でお金を受け取るのではないから、領収書を発行したとしても収入印紙は貼らなくていいですよという記事。こういう情報、ありがたいですね。

PayPay支払いの領収書に収入印紙を貼るのかな?

みんな検索上位を狙っていける記事なのに、私の記事は全然検索されないのはなんでだろうと悩みを打ち明けました。

オススメのトイレ掃除道具と洗剤 こだわりトイレブラシ 尿石とり洗剤でいつも清潔

結論として、トイレ掃除グッズと検索は相性が良くない!

確かに、トイレ掃除グッズをわざわざ検索して調べるような人ってほとんどいませんよね。

主婦は、ホームセンターとかで実際に商品を見て買います。それにそこまでこだわって買っている人もすくな-いと思います。

でも、私はこういう記事を書きたいので、検索でどうのこうのとか考えずに、買ってよかったものとか、使ってこんなに綺麗になったとか、家が綺麗になると自分の心がどんなふうに変化してきたかとか、書いていきます。

検索で読んでもらうのはまた何か別の記事に期待しますという状態でした。

さいごに

課題図書は、次の2冊です。

興味のある人は、ぜひ一緒に読んでみましょう。

次回のプレゼンテーマは、「世界で一番行きたい場所について調べて旅行記のように紹介する」です。

私は来年2月に「2回目のハワイ」へ行くので、その行程をシミュレーションして紹介しようと思います。

もうそろそろだなと思っていたのでちょうど良かったです。

ブログにも少しずつアップしてワクワクして「2回目のハワイ」を楽しみたいです。

マスタリーに参加すると今まで自分がいかに真面目くさって面白くない人生を送ってきてしまったんだろうと思います。

世界は広いし、まだ知らない世界がいっぱいあります。

じっとしているのがもったいなく感じてきました。

左手も治ってきたので、元気よく人生をエンジョイしていきます。

今までの受講記録のまとめを載せておきます。
来年マスタリーを受講しようと思っている方は、こちらから覗いてみてください。

立花B塾マスタリープログラム 受講記録 まとめ

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!