立花Be・ブログ・ブランディング塾 マスタリー講座 第4講2日目 受講記録公開 2019.7.7

広告

立花Be・ブログ・ブランディング塾(以下、立花B塾)の最上級「マスタリープログラム」を受講しています。

マスタリープログラムは、長丁場で2019年4月から2020年2月まで11ヶ月間(8月はお休み)毎月2日間ずつ計20日間あります。

第4講2日目の記録です。(8/20)

午前はお金の話の続き、午後は受講生それぞれの記事へのアドバイスを受けました。

「稼げる額は一定で増やすことができない」ビリーフからの脱却

無価値ビリーフ(思い込み)や無力ビリーフ(思い込み)があると「もっと稼げる」という発想自体ができません。

私などは公務員の仕事が長かったので、稼ぐということを考えずに生きてきてしまい、稼ぎ方がわかっていません。

そして、「公僕」意識の名残か、サービスを提供してお金を受け取ることに抵抗すら拭えません。

親の遺産で受け継いだ不動産経営を維持していけば十分と「現状維持」で満足していたのですが、本当にそれで良いのか?と意識し始めました。

父ですら自分が土地を貸しているスーパーが倒産した時、「ワシならもっとうまく経営するのになぁ、もっと若ければいくらでもやれたのになぁ」と呟いていたのを私は聞き漏らしませんでした。

もしかしたら私の中でも、自分で何かをやってみたいという野心があるのかもしれません。

今まであまりに「(公務員は)お金儲けを考えてはいけない」と信じ込み、社会と切り離された学校という枠の中だけで世間知らずで、のほほ〜んと生きてきたんだなぁと思います。

志を持って稼ぐ

稼ぐための方法はいろいろあると思うのですが、できれば『社会貢献』を目指したいです。

マズローの欲求段階説における「自己実現」を超えた「自己超越」レベルです。

周りの人たちもみんなが幸せになるように、自分が稼げば稼ぐほど多くの人から感謝され、喜ばれるような状態になりたいです。

大きく稼ぐには

お金を稼ぐことに対するマイナスのビリーフ=思い込みを排除し、自我を超越して三人称の自己実現を目指すために、大きく稼ぐ必要があります。

大きく稼ぐにはどうすればいいのか。

まずは、お金に「感謝」を載せて先出しし、循環させることが大切とのことです。

世の中のお金の仕組みとして、売り上げを上げるためには先に支出を増やす必要があります。

この「投資」が重要なのですよね。

浪費ではなく「自己投資」

自分より高い周波数の人や場所で共振することで、自分を高めていけるはず。

「自分より上のお金のあり方をしている人」を徹底的にパクるのが良いそうなので、そういう人を見つけましょう。

実は、私にはそういう人がいます。

志を持っていることを言葉にして伝えよう

高い志を持っている人は、その行動を「志がある」とちゃんと言葉にして発信していけばいいですね。

言葉には力があるから、どんどん伝わって行きます。

ネット越しにも十分伝わっていくということで、改めてブログで発信していくことがとても大きな意味があることと思えました。

受講生それぞれのブログ記事へのアドバイス

今回は、受講生同士でも気づいたことを指摘し合いました。

たっちーに教えてもらうことはもちろんとってもためになることばかりですが、意外と受講生同士のアドバイスは的確です。

なぜなら、お互いにずっとお互いの記事を読み合っているからです。

ずっと読んでくれている読者からの「もっとこうだったらいいね」は、すごく貴重です。

それも自分のことをよく理解してくれている人からのアドバイスは、本当に素直に感謝の気持ちで受け取れます。

来年の2月までずっとこのメンバーで一緒にいられると思うととっても心強いです。

思い切ってマスタリープログラムに申し込んで良かった。

さいごに

今までの記録はこちらから

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい