立花Be・ブログ・ブランディング塾マスタリー講座 第2講 受講記録公開 1日目2019.5.11

広告

立花Be・ブログ・ブランディング塾(以下、立花B塾)の最上級「マスタリープログラム」を受講しています。

今日は第2講1日目。受講生一人一人のプレゼン発表もある日で緊張しました。

マスタリープログラムは、長丁場で2019年4月から2020年2月まで11ヶ月間(8月はお休み)毎月2日間ずつ計20日間あります。その3日目です。

今日はブログに対する考えがとても深まっていく内容でした。私の感想を記録しておきますが、今後、マスタリープログラムを受講してみようかなと思う人の参考になれば幸いです。

時代と世界の流れ

まず、午前中は、令和の時代に入ったばかりの今、日本における時代の流れについての講義でした。

立花岳志さん(以下、たっちー)の歴史観は、元社会科教員である私にとても共感できるものです。

明治維新・太平洋戦争・バブル崩壊、日本が欧米諸国から受けた日本人としてのアイデンティティの3回にわたる破壊。しかし、平成の時代には経済絶対主義が崩壊し、低迷の中で日本人のアイデンティティが復活してくる予兆があったこと。

そして、令和の時代は、脱経済絶対主義、脱欧米追従一本槍の思考パターンが崩れ、日本人のアイデンティティを取り戻す時代に入る・・・。

聞いていて頷くことが多かったです。

かなり多くの人が、平成から令和の時代に移る瞬間を厳かに受け止め、平和な日本に生きることに感謝の思いを持ったのではないでしょうか。

時代の変化、価値観の変化

だんだん時代の変化が早くなっています。それに伴い、大きく価値観の変化もおきています。

物質優先の時代から、今、精神世界に関心が高まっており、スピリチュアルな世界のことを話す人も増えてきました。かつては否定され、人前で言うとアブナイ人と思われてきた部分がありましたが、今後は物質と精神の統合が図られていくと思われます。

世の中のピラミッド構造もジワジワと崩れてきていると思います。もはや良い大学に入学し良い会社に就職すれば一生安泰なんていう時代ではなくなってきていますね。

家庭を犠牲にして仕事一筋で生きてきた人は、これからの人生100年時代を生きていく時、新しい働き方をして、真剣にワークライフバランスを整えていく必要があります。

これからは、精神文明の中心は「日本」だ

これからは、日本人の豊かなアイデンティティが精神面で世界をリードしていく時代だということが言われています。

以前、「これからは日本が世界の中心だ」という話を聞いたことがあるのですが、同じことを今日また聞きました。

日本人の「和」の心は、世界に類を見ない精神性の高さだということです。

確かに異なるさまざまなものを生活の中に取り入れたり、受け入れたりするのが得意だし、相手を気遣い心配りできるおもてなしができます。ハロウィンもクリスマスもお正月も楽しめるなんて、ある意味、日本人の特技かもしれません。

日本人はもっともっと自国の文化に自信をもち、世界に心の豊かさの素晴らしさを広めていけば良いですね。

私の住む金沢にたくさんの外国人観光客が来るようになり、改めて発酵食や伝統工芸の素晴らしさを実感し、誇りに思っている私にとっては、「これからは地球レベルでものごとを考える際、日本が世界をリードしていく」ことが必要不可欠とまで思えてきました。

自分が世の中のためにできることは何か

自分はどんな世の中を作って行きたいかこの時代に自分のするべきことは何か自分だからこそできることは何か?と問いを投げかけられましたが、それへの答えが一人一人が準備してきたブレゼンとリンクしていたのはすごかったです。

私のプレゼン

私のプレゼン「私がブログを書いて実現したい夢」は、実はずっと結論がはっきり定まらず悩み続けていて自信がなかったですが、現時点での思いを精一杯伝えました。

私は、ブログのおかげで自分自身を自己開示し、自己肯定感も上がってこんな自分も輝いてもいいのだとまで思えるようになりました。

今まで天職と思っていた教員の仕事は基礎編で、退職してからのこれからが本番の人生に思えます。

私自身が健康で豊かにシンプルな暮らしを楽しみ、発信して、これから後に続く若い人たちに60歳になっても70歳になっても楽しい未来が続くのだと希望が持てるような世の中を作っていきたいです。

そのために私は、後に続く人たちの(できるだけ)素敵なモデルになりたいと思います。

他のメンバーのプレゼン

他のメンバーも表現の仕方は、それぞれですが、みなさん、情報発信を通して、周りへの影響力を発揮していきたいという思いが共通でした。

志の高い人たちの集まりです。

令和は「暴かれる時代」

最後にネットリテラシーについての講義を受け、全員で話し合いました。

今の時代、現実問題として、ネットを通してすごいスピードで情報が拡散されていきます。他人の情報に振り回されないようにしないといけないし、群集心理での一斉攻撃は危険であるということを実感として認識しました。

当事者以外の関係ない人まで集団で一人を非難したり無視したりするのはいじめ以外の何者でもありません。変な正義感で失敗した人を徹底的に懲らしめる風潮は本当に怖いです。

私は教員時代、生徒同士のLINEグループでの仲間外しによるいじめを実際に見てきているので、健全度が下がった状態の集団が起こす問題の深刻さを恐怖に感じています。

たっちーは、嘘をつかず正直に生きるのが一番と言います。そして、当事者以外は問題に入りこまないようにすべきで、できることなら、そういう風潮を穏やかに諌める方向で動いてほしいと話していて、私も本当にその通りと思います。

さいごに

今日のお弁当は、割烹よしむらのお弁当でした。美味しかったです。

参考までに、受講記録をこちらにまとめてありますので、よろしければ読んでみてください。
 →立花B塾マスタリープログラム 受講記録 まとめ

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい