ホリエモン 『まんがでわかる 属さない勇気』を読んで くだらないプライドを捨てる勇気が湧いた

広告

ホリエモンこと堀江貴文さんの『まんがでわかる 属さない勇気』を読みました。

まんがが9割、解説1割なので、一気に読めました。

漫画だからなのか、自分の考え方が新しくなったからなのか、わかりませんが、スッと心に入ってきました。

全て納得です。

ホリエモンについては、好きな人と嫌いな人がいると思いますが、私は好きですね。

言っていることが時代に合っていると思います。

経済界を牛耳ってきた人たちにとっては、嫌な存在でしょうね。

無駄なことをはっきり無駄だと言うから。

この本を読んで、私が心に誓ったことは

くだらないプライドを捨ててバカになって、強く生きる

周りの目を気にせず、やりたいことに突き進む

かつて、姉に「あんたはプライドが高い」と言われた時、反発を感じたけど、確かにプライドが高いと自覚するようになりました。

娘からも「お母さんは八方美人でいいカッコしようとし過ぎて、結局、途中で投げ出す」と鋭い指摘を受けたことがあります。

結局、いい人になろうとし過ぎる。

誰のためのいい人なのか。

これからは、自分のためのいい人になればいいんじゃないか。

自分に対してプライドを持って生きるのはカッコいい。

だけど、人に良く見られようとするのは苦しい。

ホリエモンは、逮捕され苦しい時期があったと思う。

だけど、今、多くの人から支持されている。

フッと吉田松陰のようだと思った。

時代の先駆者は、時の支配者に押しつぶされがちだ。

だけど、その思想はなくならないどころか、徐々に広まっていき、のちの時代になってようやく意味が理解される。

とにかく、くだらないと思うことはやめていけばいいのだと思う。

自分がそういう生き方をしていたら、そのうち周りもそうなってくる。

この本にどれだけ共感するかは、読む人の状態によりけりだと思う。

だから、ピンときた人がそのタイミングで読んだらいい本だと思います。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい