お父さんへの手紙 お父さんは幸せでしたか?

広告

父が亡くなってもうすぐ5年になる。

私が今、仕事もしないのに、楽しく生きていけるのは父が残してくれた財産のおかげ。

お父さん、お疲れ様でした。

家族を守るために、ずっとずっと働いてきましたね。

国民年金が月3万円しかもらえないから、税金を払うために死ぬまで働かなければならないんだと言って、本当に倒れる日の朝まで3時に起きて市場へ出荷してきていたね。

人のことを心配して、親身になって相談に乗ったりしていたね。

だけど、いつも周りの人と喧嘩していたね。

だからお前はダメなんや

誰にでもそんなことを言っていたことが思い出される。

親戚のおばちゃんだって、泣きながら相談に来ていたこともあったのに、途中で離れていったね。

おじさんもいろいろ助けてもらっていたけど、いつもお父さんに叱られていて、何だか立場がなかったよね。

お母さんとは最後まで心が通じ合っていなかったね。

姉さんは、いつも喧嘩して腹を立てて、泣きながら出ていったね。

私は、離婚する時、助けてもらって、とても感謝していたのに、そのあとまた口をきかなかった時期があったね。

お父さんは、幼い時に親を亡くし、一人でたくさんの責任を抱え込んで、ずっと一人で頑張ってきたんだよね。

私も危うく同じ運命を辿りそうになって、必死で立ち止まった。

私は、お父さんの分まで自由に生きようと思う。

お父さん、周りを全部敵に回しても家族を守ってきたけど、家族は、もっと仲良くしたかったんだよ。

もっと優しく笑い合いたかったんだよ。

お父さん、幸せだったのかな?

私が最後の最後にお父さんの気持ちをわかってあげたから、それで役割終わってホッとしたのかな?

お父さんも大変だったんだねって私が心の中で思った、その日の夜中にお父さんが天国へ行った。

ずっと、喋れず食べれず寝返りすら打てない2年間の寝たきり生活、辛かったね。

私は、お父さんが汗水垂らして頑張って働いてきた田んぼの上にスタジオを作って、たくさんの人と笑顔で過ごしているよ。

ありがとう。

お父さん、幸せだったかな?

健太になって、また私のところへ来たのかな?

 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!