子犬の健太と散歩しながら考えた。これから私の住む町がどんなふうになっていくのだろう。

広告

少し暑さが和らいだので、朝、子犬の「健太」とお散歩に行けるようになりました。

夜とはまた違う景色を見て、フッと自分が子供の頃のことを思い出しました。

父の予言が当たった。

「あと30年もしたら、この辺りは田んぼがなくなる。」

父がそう言った時、私は、「嘘や、そんなわけない。」と全く信じませんでした。

ところが、本当に30年後、田んぼがほんのわずかになってきました。

父は預言者か?(笑)

繊維工場が移転して、大型スーパーが建ち、石川県庁が駅西地区に移転してきてからは、めまぐるしい変化です。

大きな施設を誘致する計画がずっと前から水面下であったのでしょうね。

農業用水を管理している立場の父は、よく市役所や県庁へ行っていたので、先が見えていたのかもしれないし、率先して、誘致活動に奔走していたのかもしれません。

田んぼがなくなる。

△昨年秋まで稲刈りをしていた田んぼがいつの間にか駐車場になっている。

△ここは、今年は稲を栽培しなかった。

△そういえば、ここだって芹(セリ)田だった。

稲刈りの後、井戸水を張って、加賀野菜の芹(セリ)を栽培していた。2毛作でよくお金を産む地面なんだよね( ◠‿◠ )

思うこと

△8ヶ月の健太

散歩から帰るとすぐ、ソファーから、クッションを引きずり下ろし、その上で寛ぐこの子がいてくれて、本当にありがたい。いつも心が満たされる。

健太
たまには、金沢駅の方も行きたい。
さわこ
わかりました。頑張ります!

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!