後ろ姿に本当の自分が見える。歩く時の姿勢、整えよう。

広告

無意識の時の後ろ姿ほど、本性が現れるものはありません。

1枚の写真を見て、改めて、自分自身について考えてみました。

問題の写真は、これです。

私が夜の金沢の浅野川沿い主計町(かずえまち)の古い町並みを覗き込みながら歩いているのを梅ちゃんがパチリ。

全然、意識してなかったので、ありのままが現れています。

自分が思っているより、うんとがっしりした体つきをしているなぁと思い知りました。

肩から背中、そして腰・お尻にかけて、ぼて〜っとしています。

腕だけ細いので、自分としては、ここまで太っているという自覚がなかったです。

歩き方も変だよねぇ。

この写真が頭に残ってしまいました。

そのため、これ以降、歩く時の姿勢をすごく意識しています。

すぐ忘れるんだけど、途中で、ハッとして、お尻をキュッと引き締めるみたいにして歩いてみます。

それから、すぐ前傾姿勢で前のめりになって歩くので、重心を整えて、まっすぐな姿勢で歩くように心がけてみています。

昔から「お尻が大きい」と言われます。

母にまで「オケツ、でっかい」と言われた時は、「あんたに言われたくないわ」と言い返しましたが、言い返しても意味がなく、がっくりきていました。

無防備な後ろ姿は、私が家で過ごしている時、そのものです。

だから、娘たちには、いつもこんな姿を見せてきたんだなぁと沈みます。

もう少し、素敵に歩きたいです。

1枚の写真から、すごく大事なことに気づかせてもらった気がします。

 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!