吹き出し・ユーザ辞書登録・ブログの分析 ものくろさんの個別セッションは的確

広告

東京浅草橋のKichenBeeで、ブログコーチものくろさんの個別セッションを受けました。

金沢に住んでいる私は、基本的にオンラインセッションですが、やっぱり直接教えてもらうのはいいですね。

対面の個別セッションで学んだことをアウトプットして、確実にマスターしていきます。

「健太」の吹き出しを作ってもらう。

さわこ
「健太」の吹き出しも作って欲しいなぁ

「健太」の写真をものくろさんのパソコンに送って、吹き出しを作ってもらいました。

やり方習って、自分でできる人はどんどん自分でやればいいけど、私は、難しいことはやってもらいます。

健太
健太だよ!
さわこ
やったぁ、嬉しい!

これで、健太と話せます。楽しい!

ユーザ辞書登録したら、すごく便利。

次に教えてもらったのは、ユーザ辞書の使い方です。

Windowsの時は、簡単に出せていた【 】がMacでは、毎回探すのに手間がかかっていました。

ユーザ辞書を使って、登録しておくと簡単です!やり方を教えてもらいました。

環境設定を開いて、キーボード→ユーザ辞書→登録

sを入力すると【が、ssを入力すると】が変換されて出せるように登録しました。

さわこ
探すストレスなくなった。素晴らしい!

こちらは、応用して他にも使えるように、やり方を教えてもらいました。

やってもらうこと自分でできるように教えてもらうこと、私の現時点での能力に応じて判断です。

私のブログ、どんな人に読んでもらっているのか、見てみた。

さわこ
私のブログって、どんな人が読んでくれているのかなぁ?

宇宙に向かって呟いていた私のブログですが、Facebookにも連携し、コメントもいただくようになると、(友達にこんな程度のこと読んでもらうの、恥ずかしいなぁ)とか、変に意識してしまいます。

そこで、ものくろさんに、どういうところから記事が読まれているか、見方を教えてもらいました。

結果は、検索からが5割、日本ブログ村・人気ブログランキングからが3割、FacebookやスタジオSeriのHPから1割、その他1割という感じでした。

自分の記事が検索によって、全然知らない人にまで読んでもらえているなんて、すごく嬉しい。やっぱりWordPressにして良かったです。

タイトルは、検索した人がわかりやすいようにつけよう。

いつも独りよがりで書いてしまう傾向大です。

検索で私の記事を見つけてくれる人は私のことを知らないわけですから、タイトルを見ただけで大体の内容がわからないと読む気にならないと思います。

伝えたいことを(基本的に)30字で、タイトルに書く。
一番伝えたいことを最初に書く。

このポイントは、読者の立場で考えると、すごく納得できます。

そして、その場でアドバイスもらって2記事、タイトルを変更して更新しました。

音声入力にもチャレンジ。

肩こりせず、スムーズに 入力できるように、音声入力の仕方も教えてもらいました。

やってみるととても簡単で、いいなと思います。早速、マイクを買いました。

さいごに

ただでさえ、パソコン操作に自信がないのに、WindowsからMacに変えたばかりで、戸惑う毎日です。

こんな初歩的なことを、ものくろさんに聞いてもいいのかなぁと正直不安でした。

同年代の中では、パソコン等を「それなりに使えている」私ですが、ブログ仲間の中では、「超初心者」です。

「どこでつまづいているかがわかるから、なんでも遠慮せずに聞いてください。」って言われると「神か☆」と思います。

個別セッションは、確かに料金的にも高いし、一人では不安と思う方も多いのではないでしょうか?でも、できないこと・わからないことは、習うのが一番です。

その習うときに、「誰に習うか」が大事です。

そこをちゃんと選ぶことで、そのあとブログが楽しく書けるかどうかが決まりますね。

さわこ
東京以外の方も、オンラインで、ものくろさんの個別セッション受けられますよ!

追記

さわこ
Amazon はやっ! 昨日、注文したら今朝もう届いた。

 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!