レターパックプラスは、宅配ボックスに入れてもらえない 不在時は郵便局へ持ち帰り

広告

大きな『自宅用宅配ボックス』を玄関に配備しているのに不在連絡票が入っていたので、プンプン怒りながら、郵便局へ電話しました。

担当者が、慣れてなくて、宅配ボックスの使い方を知らないんだと思い込んでいたのです。

レターパックプラスは、宅配ボックスに入れられない

最初、丁寧に対応してくれていた郵便局の方が、私の「追跡番号」を聞いた途端、態度が急変。

「レターパックは、宅配ボックスには入れられないんです!」

「えっ」

配達当日なので、夜まで待ってから、おとなしく郵便局へ引き取りに行ってきました。

『レターパックプラス』・・・知らなかったです。

お届け先へは、対面でお届けし、受領印または署名をいただきます。ご不在の場合は、不在配達通知書を差し入れた上で、配達を行う郵便局へ持ち帰ります。

なるほど、郵便屋さんは、この通りのことをしたわけですね。

レターパックプラスに入っていたもの

そこまでして、何が入っていたかというと

「えっ」

今まで何回も注文していますが、他の商品と一緒に段ボールに入って、しっかり宅配ボックスで受け取りました。

今回、これだけ単独で届いたので、こういうことになったのでしょうか・・・?

よくわからないですけど、「レターパックプラス」というもので送られてきた場合、宅配ボックスには入れてもらえないんだということがわかりました。

最近の宅配事情

アマゾンで買った商品も、以前のようにクロネコヤマトの大きなトラックで、慣れた配達員さんが配達してくれていた時は良かったけど、最近はいろいろ面倒です。

△慣れてない担当者さん。

△クロネコヤマトではなく、いきなり、ゆうパックだったり。

△勝手に「レターパックプラス」とやらで送ってきて、宅配ボックスを置いた意味なかったり。

自分でお店へ行って買ってきなさい、もしくは、買い物が多すぎなので、やめなさい、という警告なのかなとビビります。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!