フラダンスの慰問に行って、笑顔で踊れるようになった自分の変化に喜ぶ。

Pocket
LINEで送る

フラダンスのメンバーでデイサービスの施設へ慰問に行って来ました。

以前の私だったら、考えられないことです。

中学校の部活で、生徒を呼び捨てにしてビシビシ鍛えていた鬼監督の私が、笑顔でフラダンスですよ(笑)

人生ってどこでどうなるのか、あるいは元々、私はこういう人でラケット持ったときだけ人格変わるのか?

多分、どっちも私なんですよねぇ。

でも、どちらかと言うと、頑張ってるほうが好きかもしれません。

「頑張らない」ほうが難しい(笑)

慰問は、2回目です。

初めて行ったときより今回のほうが、楽しかったです。

どうして楽しかったかと言うと、前に座っているおじいさんやおばあさんに心を込めて踊れたからです。

祖母が施設に入っていたときのことを思い出していました。

母ももう少ししたら、こんなふうに向こう側に座っているのかなぁとも。

単調な日常にお客さんが来るのは楽しいことだと思います。

とても喜んでもらえたし、そのことで私たちも嬉しかったです。

もっと練習して上手になりたいなぁって素直に思いました。

優しいフラダンス仲間がいっぱいいて、幸せです(^^ゞ

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

投稿者プロフィール

さわこ
さわこ

スタジオSeriオーナー

自分や家族の健康のために、スタジオを作りました。
周りの人たちがみんな、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいな。




目標は「ゆるいミニマリスト」

「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得。不要のモノを断捨離して、スッキリ暮らしたい。




真面目でおとなしい性格

自分でずっとそう信じてきましたが、周りの人が違うと言います。不思議です。いくつものビリーフ(思い込み)をリセットできたら、だんだん人生が楽しくなってきました。




くわしいプロフィールは、こちら