Amazonへボールペンの替え芯を返品した件で考えさせられること。(32/100)

Pocket
LINEで送る

今回、私は、Amazonさんに申し訳ないことをしたと思っております。

また、私のやっていることは、そもそも間違っているんじゃないかとも考えたりします。

私は、お気に入りのボールペンを初めて最後まで使い切り、嬉しかった。

それで、モノを大切にし節約にもなるという思いで、「替え芯」を買うことにしました。

でも、慣れてないので商品を間違えました。

そして、返品作業に入りました。Amazonさんも返品をOKしてくれたので、以前、靴を返品した時のようにやろうと思いました。

替え芯は、5本セットだけど、小さく薄く軽いので封筒のなかに入っているかわからないくらいの状態でした。

 

着払いでコンビニから返送しようと思いました。

コンビニでは、お店の人があまりに小さいので戸惑いながらサイズを測り、もちろん最小のサイズなので、807円と書きました。

「えっ」「ん?」「807円?」

どうしようかと思いましたが、どうしようもないと(そのときは)思って家へ帰りました。

でも、やっぱり、500円のものを買って返品して、送料807円着払いはないだろ!と思って、もう一度コンビニへ行って、「さっきのやっぱりやめておきます。返してください。」と言いました。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

私が家へ戻って、一呼吸置き、改めて、「自分が82円の切手を貼って送ろう。」と思い直して、もう一度、コンビニへ行った時、もうヤマトさんが持って行ってしまったというのです。

ヤマトさん、速すぎでしょ!

 

諦めて帰りました。

長々と失敗談を読んでいただきありがとうございます。

 

その後、返品方法をよく読んでみると郵便局から着払いで返品する方法も書いてありました。

どうすべきか、わからない、少なくとも807円かかると知ったとき、(それはおかしいだろ)と気づいて、問い合わせをする思慮深さが必要だったと思います。

また、根本的に、ボールペンの替え芯1本買いたいときは、Amazonプライム使って送料無料で家まで届けてもらうんじゃなくて、自分で買いに行け!

 

買い物に行くと余計なものまで買ってしまう、時間がかかる、どれが一番良いかわかりづらいという理由でついネットで必要な時に必要なものだけを買ってしまいます。

今回、『替え芯の返品に807円の送料をかけてしまった』ことと、『コンビニじゃなく、郵便局からも返品できるところまでしっかり読まなかった』点が悪いんだから、そこだけ反省すればよいのか?

金額が小さすぎて、何をグダグダ言っているのか?と呆れる方も多いと思うけど、私としては金額の問題ではなく、私がこれから本当に少ないものだけで暮らすのかどうかが問われているのであります。

 

いろいろ考えさせられる「替え芯事件」でした。

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

投稿者プロフィール

さわこ
さわこ

スタジオSeriオーナー

自分や家族の健康のために、スタジオを作りました。
周りの人たちがみんな、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいな。




目標は「ゆるいミニマリスト」

「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得。不要のモノを断捨離して、スッキリ暮らしたい。




真面目でおとなしい性格

自分でずっとそう信じてきましたが、周りの人が違うと言います。不思議です。いくつものビリーフ(思い込み)をリセットできたら、だんだん人生が楽しくなってきました。




くわしいプロフィールは、こちら