モップがけは、クイックルワイパー立体吸着ドライシートが一番

40畳の広さのスタジオを毎日2回くらいモップがけします。一般家庭の参考にはならないかもしれませんが、モップがけについて、思っていることを書きます。

業務用を使っています。

これは、力が入れやすく、本当に使いやすいです。板の間に入っている埃も掻き出します。

以前、書いたことがあるのですが、Panasonicお掃除ロボのルーロちゃんは長い髪の毛が巻き付いてしまうのでフラダンスのレッスンの後には適しません。ピアノの下に潜って、カーペットを掃除してくれるのは助かりますが。

ポールの部分からシートへかけての圧力のかかり方のバランスがちょうど良いのだと思います。また、ポールに継ぎ足しがなく1本であることも力を入れやすいです。

モップは、上を撫でているだけでは、キレイになりません。上から押して、拭くのがポイントです。雑巾がけと同じです。角度的にもちょうどいい感じで拭くことができます。

毎日、掃除していて、毎回、これだけ汚れが取れます。

どれだけ汚いところを掃除してるの?と思われるでしょうが、こんなキレイなフロアですよ(^^;)キレイそうに見えて、毎回、あの汚れですから、普通のおうちもこれでモップがけしたら同じように汚れが取れると思いますよ(^^;)

一般家庭用のものは、ポールに力を入れにくいです。これだけのポールの長さに対して、シートの面積が狭いので、不安定です。

無印良品の木のポールを買ってみました。ポールはとても安定していて良いのですが、シートを差し込むところが硬くて使いづらいです。(無印ファンの皆さん、すみません。個人の感想です。)

だから、自宅でも業務用を使おうかと思うくらいです。ただ、自宅の場合は、いくら古くて広い家だと言っても、あちこちモノにぶつかり、力を入れてモップがけはしづらいですねぇ(^^;)でも、今度、自宅に持ち帰り、やってみて、また報告します。

ぽちっと応援していただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。