【物忘れを防ぐために】いらない情報を捨て、いるものだけわかりやすく記録しよう。

(あれ、今、何しにここへ来たんだっけ?)

なんてこと、よくあります。

お店へ行って、買いたかったものを買わずに帰ってくることもあります。

メモしていったのに、そのメモを家に忘れてくるなんてこともあります。

50代あるあるですよね。

まず、頭の中が汚部屋のようにグチャグチャになっている気がします。

さっき聞いたこともいつ誰に言われたのかも混乱してどこに何があるのか、次どうしたらいいのかとオロオロになっていたことが実際、過去にありました。

心の余裕がない状態で、難しく苦手な情報が自分の容量を超えて入ってきたとき、人は今までやれていたことすらできなくなるのです。

まずは、落ち着くこと。

そして、脳が疲れているので、何も考えない時間を作ること。

そのうえで、紙に書き出して、整理整頓してみること。

とにかく、頭の中が汚部屋状態になっているわけですから、いらないものを捨てないと、どこに何があるか把握できない。

難しいかもしれないけど、頭の中にある情報を

一度全部紙に書き出す。

いらないものを捨てる。

いるものを次使いやすい状態に整えて記録し、どこに記録したかを覚える。

大切なことも些細なことも、自分のことも他人のことまでも、何でも覚えていること自体に無理があります。

頭の中だけに入れておかないで、必ず、アウトプットする。

できれば、信頼できる人と情報を共有して、確認しあう。

あいまいな記憶に頼らず、記録したものを見て判断する

人に迷惑をかけないように、気を付けていこうと思います。

 

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

The following two tabs change content below.
seri
頑張り過ぎてきたので、もっと「いい加減」に楽しく過ごしたい。 断捨離と掃除でゆるミニマムを目指します。